富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ(2018/09/30更新)

富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ

大阪府警富田林署の拘留中の樋田淳也容疑者が2018年8月12日夜、富田林署内の面会室から逃走しました。

樋田淳也容疑者は、容疑者の権利として弁護士との面会をしていたところ、話し合いが終わり弁護士が帰ったところで脱走に及びました。

驚くべきは富田林署が事件の発覚を『認知したのが件発生から1時間45分後と言うまりにも手遅れな把握状況』だったということですよね。

これに対してネットでは『大阪府警の給料減給してその分を懸賞金に当てろ』や『大阪にまだいるのかな怖いな』や『ひったくり事件などの2次被害は富田林署の失態だ』と言われており

また『富田林署はボンクラすぎる』という意見もありました。

そこで今回は『富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ』というテーマについて調べてまいりました。

《関連リンク》

肝心の樋田容疑者の見た目や特徴・目撃情報などは

『樋田淳也の顔や特徴と逃走経路や目撃情報とひったくり場所は?犯罪歴のまとめ』

を御覧ください。

大阪だけでなく東京でも物騒な事件が頻発していますね。新宿で2018年8月26日にテロ発生

新宿駅「缶が爆発」の中身は?犯人の目的はテロか?白い粉末・泡の正体をまとめ

<スポンサーリンク>



大阪府警・富田林署と事件発生時の内部実態

富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ

◾名称:富田林警察署(とんだばやしけいさつしょ)

◾警察管轄:大阪府警察

◾住所:〒584−0032
    大阪府富田林市常盤町2-7

◾管轄地域:【富田林市】
富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ

【南河内郡】
富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ

◾交番数/駐在所:11/4

◾最寄り駅:富田林西口駅

大阪府警管轄富田林署は、2018年8月12日20時頃に、樋田容疑者の『接見交通権』の行使に伴う面会が行われていました。

接見交通権』 は、 刑事訴訟法により定められた権利で、容疑者は警察官の立会いなく手錠をはずされた状態で、 24時間いつでも弁護士と二人きりで面会しても良いという権利です。

面会は、アクリル板を境に容疑者と弁護士が話をするという状況ですが、弁護士が面会室を去った時に設置されたブザーが鳴るシステムが導入されているものの、電池は1年以上入れていない状態で放置されていました。(不要と判断したということでしょう)

弁護士は樋田容疑者に『 面会が終わったことは、自分から(後ろの扉をノックか何かをして)伝えるので大丈夫です。』と言われたとのことでした。

弁護士はそれを鵜呑みにしたのか、 警察官会は声をかけずに退出しました。

その後、樋田容疑者は面会室の仕切りとなる透明アクリル板の隅にある接着剤の部分を剥がし、強度を下げた状態でアクリル板自体を蹴破り逃走したということでした。

ブザーがあるのにも関わらず、電池を入れずに放置していた不手際や人員や設備の配置不足は明らかですよね。

また、透明アクリル板についても設置から約30年間交換は一度も行っていなかったと言い、深刻な管理不足が苦情につながっているものと思われます。

これは管理体制に問題があると言っても過言ではありません。

以上が、『大阪府警・富田林署と事件発生時の内部実態』についてでした。

続いて『大阪府警・富田林署の署長』について書きましたので御覧ください!

大阪府警・富田林署の署長は山内寛氏

今回の樋田容疑者の脱走については、 警察がが脱走に気づくのが遅いということがかなり印象深いですね。

8月12日夜脱走した当時の管理のずさんさにも1200件以上の苦情が入っているそうですね。

このような店管理体制については、すべて富田林を管理する立場の署長の責任ということになりますが富田林署の署長は誰なのでしょうか。

事件当日の大阪府警・富田林署の署長は、山内寛さんです。

平成30年に総務省の資料で2018年5月29日の時点で、『近畿総合通信局の報道資料』の中に『富田林署 署長:山内 寛 様』の1文を見つけました。

以下がその画像になります。

富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ

富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ

富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ

以上が、『大阪府警・富田林署の署長』についてでした。

樋田容疑者の逃走事件はまだ終わっておりませんが、逃走方法や逃走の2次被害など日本では前代未聞の事件となりそうですね。

そうなると気になるのは、この富田林署の不手際についてどのように責任取るのかということではないでしょうか。

続いて『大阪府警・富田林署の署長の処分』について書きましたので御覧ください!

<スポンサーリンク>



大阪府警・富田林署の署長の処分は

樋田容疑者が脱走した状況の説明の上で見えてくる富田林署の内部の実態は、ずさんなものでしたよね。

富田林署の署長である山内寛さんに関しては、どのような処分が下されるのか気になりましたので調査していました。

大阪府警・ 富田林署の署長山内寛氏の処分は、まだ確証ある情報はありませんでした。

しかしながら、確実に署長の座をおりることになるのは素人でもわかりそうなところですよね。

ですから、 署長を辞めるにしても、その辞め方が焦点になってくるのではないでしょうか。

辞め方としては『辞職』『懲戒解雇』がありますが、『降格』や『減給処分』なども可能性がありますね。

いずれにしても然るべき処分を下してほしいものです。

以上が、『大阪府警・富田林署の署長の処分』についてでした。

続いて『大阪府警・富田林署は過去の不祥事』について書きましたので御覧ください!

大阪府警・富田林署の過去の不祥事

今回、通常では考えられないような脱走事件ですが、このような失態を起こしてしまった富田林署については、過去にも色々不祥事が起こってるんじゃないのというのは気になるところですよね。

大阪府警富田林署の過去の不祥事は、確証ある情報は得られませんでした。

しかし今回の騒動について大阪府民は『大阪府警らしい』や『別にいまさら不祥事などを驚かない』 と言った意見もありました。

富田林署に限らず、大阪府警というくくりで調べた噂の内容は以下です。

・警察病院で野球賭博は日常茶飯事
・警察病院の医師がスピード違反をしたが『取り消しにできますよ』
・レイプ被害に遭われた女性に対し『被害届は出さないでくれ(面倒くさいから)』

もちろんこれは過去の話であったり,100%信頼のおける情報とは言えないかもしれないですが、これが本当だったら本当に遺憾ですよね。

真面目に警察官として公務についている人もいるとは思いますが、一部の末端の警官の話だったとしても、『警察官』という立場でいる限りは絶対に許されることではないですね。

以上が、『大阪府警・富田林署は過去の不祥事』についてでした。

まとめ

ということで今回は『富田林署は署長の山内寛の職務怠慢で処分?内部実態と過去の不祥事のまとめ』について、書いてきました。

大阪府警・富田林署は、 面会室の警報ブザーに電池を入れず『不要』と判断したこと、アクリル板の交換を30年以上行わないなど、数々の不手際が重なり樋田容疑者を逃走させてしまったようです。

大阪府警・富田林署の署長は、2018年5月29日の時点では山内寛さんという方ですので、おそらく現職の署長も山内寛さんです。

大阪府警・富田林署の署長の処分は、確証ある情報はありませんが、『辞職』なのか『懲戒解雇』なのか『降格』や『減給処分』なのか色々な可能性がありそうですね。

大阪府警・富田林署は過去の不祥事は、確証ある情報は見つかりませんでしたが、『 いかにも大阪府警らしい不祥事』と大阪府民には見られているそうです。

ということでした。

我々国民の安全を脅かす事態を防ぐ側の方々がしっかりしていないと、不安なまま日々を過ごすことになります。

今回、逃走した樋田淳也容疑者については一刻も早く対処していただきたいですね。

そして、今後もこのようなことがないように善処して頂きたいものです。

この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

2018/09/30 追記 樋田淳也 容疑者逮捕!

9月29日に、樋田淳也容疑者が逮捕されました!

場所は『山口県 周南市』

逃走日数は通算49日間 でした!

逮捕の詳細

山口県警によると、

周南市にある道の駅の一つで『ソレーネ周南』という場所があり、

その場所で逮捕したということでした。

富田林署からは360キロ離れているといいます。

逮捕の理由は『万引きをした疑い』で、

身柄を拘束されたことがきっかけでした。

女性警備員の方が

商品を服の中や手に持って店を出ようとしている樋田淳也容疑者を呼び止め、

警察を呼んだことで、あえなく御用となったのでした!

なんとお手柄な女性警備員さん!!

樋田淳也容疑者は

財布を取りにきただけだ」と言った

何でなんだ」と抵抗する様子を見せた

何で警察を呼ぶんだ」と事務所から出ようとするそぶりを見せたので、

取り押さえた

ということでした。

大阪府羽曳野市で盗まれたと思われる白いロードバイクも現場に駐めてありました。

容姿は丸刈りになっており、

長袖、長ズボン姿で、青いウィンドブレーカーのようなものを着て、

黒のキャップとリュックサックを持っていたそうです。

ロードバイクというかクロスバイクですかね・・・

これはマジで『目立ちすぎ』と思いませんか?

樋田淳也容疑者は現在取調べ中とのことです。

今後は『加重逃走容疑』でも逮捕される見込みですが・・・

富田林署は本当に、

こんな容疑者一人になにをやっているんでしょうか。

今後も動きがあれば記事を追記します。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする