東京五輪こそ被災地復興支援が悲惨で進まない理由?税金無駄遣いがヤバいと噂

東京五輪は税金の無駄遣い?被災地支援が進まない理由がヤバいと噂

東京五輪に関する現時点での支出や事業数が明らかになった。

2020年東京五輪・パラリンピックに関連する国の施策に基づく事業は286あり、昨年度までに8000億円超を支出していたことが4日、会計検査院の調べで分かった。

事業数と支出額が判明するのは初めて。検査院は、競技用具の開発中止など一部で課題が見られたと指摘した。

政府は15年11月、「オリパラ」関連として70施策を閣議決定。各省庁などが施策に見合う個別事業を立案、予算計上している。

一部を除いて額は公表されていなかったが、検査院が施策ごとに集計した結果、招致が決まった13年度以降、17年度までに286事業あり、支出合計額は約8011億円に上った。

2018年は各地で自然災害による被害が多発していましたが、被災地では未だに復興の目処が立っていないところもあります。

被災地の復興には多額の費用がかかる他、北海道では停電などの影響で事業損失が1300億円に達しているということでした。

そんな中、政府のどんぶり勘定で『予算がいくらだかわからない東京五輪の準備費用の現状』が発表されました。

そこで今回は

東京五輪こそ被災地復興支援が悲惨で進まない理由?税金無駄遣いがヤバいと噂』というテーマについて調べてまいりました。

<スポンサーリンク>



東京五輪は税金の無駄遣い?被災地復興に進まない理由は

東京五輪の現在の予算は不明確ですが、日経新聞によると2017年の時点では1.35兆円と言われていました。

そして既に現時点ではその半分以上にあたる8000億円を既に支出したということです。

しかしながら、今、

東京五輪が足枷となって復興に必要なお金だけでなく、工事ができる人材も撮られている状況になっており、復興が進まないんだそうです。

2018年は度重なる雨と風と地震による『災害年』となってしまいました。
その結果、災害を受けた地域は経済活動が停止したり、人命救助や片付けなど多くの助けが必要な状態になっています。

一刻も早く復興を目指さなければ、これからどんどん経済的損失が増えることになると人々に不安を与えています。

なぜなら、『伊勢湾台風級』という危険な台風をはじめ、大変危険な規模の台風災害がが次から次へ西日本を中心にと押し寄せてきており、急がなければ復興しようとしても、そう簡単にはもとに戻すことができなくなるからですよね。

東京五輪に対するネットなど世論は?

オリンピックが終わると大抵の国が経済困難になるデータを見た。
あと2年で日本は衰退期に入る。

まだ完成していない施設などが多くあるのにもう8000億も支出したんだ。
去年から今年にかけて大規模災害が多発しているけど8000億も使ってないよね。
コンパクトに既存施設を有効利用して費用抑えるのではなかったかな。
赤字分は全ての政治家に補填してもらわないと。
こうすれば甘い汁すった奴が内部告発や密告で直ぐ分かるのでは?

壮大な無駄遣い。

全競技をまとめて実施する必要性について検討する必要性がある。
(オリンピックの必要性)

各競技をそれぞれの気候に合った時季に実施するのが合理的であり、分散することで新たな選手村としての宿泊施設も不要であり、莫大な運営費がかからない。
(ワールドカップ方式)

最初の話では、復興五輪でしたから福島をはじめ被災地の方々、期待していいですよ。ただ、消費税5%から8%に上げた時には「福利厚生の財源にする。」と言っていた総理の事ですからあてにはなりません。8000億使おうが利益が出るとふんでのことでしょうから。利益が出ないんだったら8000億使わずに本当の復興に使うべきだと思います。

最初から反対でしたが、本当に、いらないと思います。災害の多い国として、インフラの再整備にお金を使ってほしいし、被災地の復興に人もお金も使ってほしい。観光客のおもてなしとかいう前に、観光立国として安全対策をしないと。

病院さえも必要なライフラインが危うくなる国、停電してしまう国、水道が止まってしまう国、何週間も何ヵ月も避難所暮らしを強いる国。

アスリートの方が自国開催を喜ぶのは当然と思いますが、こんなにお金がかかっても望みますか?と聞いてみたいです。

全世帯の過半数が生活苦しいって言ってるのに、景気がいいとかありえないっしょ。もう強力な累進課税を進めたほうが良いんじゃないかとさえ穿ってしまう。自民党が下位国民の50%を切り捨てる政治をするなら、私は上位国民50%を切り捨てる政治をする。

チャラい選手、無駄な委員会費、無駄な施設は要らない。盛大にやるより、もっとリニューアルなど、今ある施設を利用して欲しかった。選手も新しい施設の方がやる気がでますから、など言って欲しくなかった。
今年の災害に、今いる工事関係者や、重機他、利用して欲しかった。
まぁ、20年の夏は、東京脱出します。

インフラ整備や震災復興に使えば何万人の命が助かり、被災者の未来への希望の灯になるのでしょうか。日本はオリンピックなんて開催できる状況ではありません。普通の考え方が出来れば開催地立候補しない。

最近冬の五輪も手を挙げる国が
なくなってきた
日本も長野のように借金が
残った例もある。

東京も同じ結果になりそうだ。

東京五輪には1.5兆円とも言われる費用がかかるらしいけど、経済効果も3兆円あるんだよね。
それが本当だったら、まあそのくらいかかっても仕方ないよね。
ところで経済的におそらく大失敗だっと思われる長野冬季五輪の借金にケリがついたのは数年前なんですがね。
長野は、五輪予算は大したことなかったけど“別枠予算”になってた施設建設とか、道路とか実は5千億円近い費用がかかったと言われいます。
東京五輪、実質1.5兆円じゃすまんだろ。2兆?3兆?
まあ、ドンブリ勘定、予算の付け替えも大概にして欲しい。
東京五輪の“為に”つかう費用はいったいいくらなの?

このお金は災害復興に使うべきだったね。子供の頃から遊びは宿題が終わってからとずうっと言われてるだろう?自然災害の多い日本は災害の為にお金も貯めておかないとならないと思うんだけど。2020後は何処まで景気が落ちる事やら。

ちょっとお金かかりすぎじゃない?
後2年どれだけかかるの?ボランティア一日千円。ボランティア頼みの五輪?
スポーツ選手、自分達の事は、なるべく自分達でやれ!スポーツ選手も今や裸の王様。いろいろと問題だらけのスポーツ界。それなのに税金で私ら負担しても楽しめないよ。スポーツ界は、清いイメージが、五輪で更にエゴだらけの大会のイメージが。何でスポーツ選手が、VIP扱いなのかさっぱり分からん。来年は、消費税10パーセント。日本国民のみなさんこれでいいの?勇気をもらってもお腹は一杯には、ならないよね。

8000憶ですか……自然災害でたくさんの人々が不幸の中だと言うのに。。
単なる国の見栄の祭典の様に思います。
国民を第一に考える国で有って欲しい。
老いて年金生活も孫達に小遣いもやれない国。。
だんだん日本の老人は昔の中国より貧しくなりつつ有ります。
見栄を張らずに本当に、下じもを大切にする国になって欲しいです。

今後、自然災害の出費は飛躍的に増えそう。そういった中で、オリンピック誘致は、国を亡ぼす非常に優れた英断として評価すべきであろう。頼もしい!

やらなくてもいいもののために、これだけの経費が使われていると知ると、やっぱり壮大なムダ遣いだなと思います。
災害復興、福祉、研究予算、お金があればもっと助かる分野が山ほどあるのに。

まとめ

ということで今回は
東京五輪こそ被災地復興支援が悲惨で進まない理由?税金無駄遣いがヤバいと噂』について、書いてきました。

みなさん、オリンピックをやるにはタイミングが悪すぎるということを言っていましたね。

また、国や東京都が謳っている経済的効果は果たして本当にあるのでしょうか。

2020年の五輪意向に『経済的衰退期がくる』というのも怖い話ですね。

長野五輪の借金がついこの間終わったばかりだという話もありました。

また、リオ・デ・ジャネイロでは五輪の跡地が荒廃しているというのも事実です。

東京五輪は税金の無駄遣い?被災地支援が進まない理由がヤバいと噂

また、時代が進みオリンピックに対しての潜在的なアンチテーゼが少しずつ顔を出してきています。

『オリンピック大会の全体主義(おしつけ)』をはじめ、長い伝統があるのをわかりつつも『オリン ピック大会は これだけの経済的 ・人的資源の浪費に値するものか?」 と危険信号を訴える学者までいるほどです。

・・・

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フタバアキオ より:

    東京オリンピックと福島県復興を重ねてたら又、復興関連企業や当該市町村、怠け者で溢れる浜通り市民にごね得のエネルギーを与えることになる!現在の福島県、特に南相馬、浪江町等は地元業者の予算食い潰し、役場の職員は帰還を叫ぶだけで本人達の帰還率は最低減、地元のスーパーには福島産地米等はまったく販売して無いし台湾の輸入禁止は当然だろう。復興資金はほとほとにしないと福島県民がこれ以上だらけ金は落ちてくる?様な錯覚を早く無くすこと!