スギモトトモユキは誰?北朝鮮に行く理由・目的は?国外追放の裏の意図をまとめ

スギモトトモユキは誰?北朝鮮に行く理由・目的は?国外追放の裏の意図をまとめ

2018年の8月に北朝鮮を訪れた30代の日本人男性がスパイ容疑で現地当局に拘束されました。

北朝鮮と日本は拉致問題などの国家間の問題を抱えている関係ですが、その北朝鮮に拘束された日本人は、今後北朝鮮が日本との『交渉のためのカード』にされてしまうと言った与論が飛び交っていましたね。

しかしながら 北朝鮮の朝鮮中央通信によると 2018年8月26日に政府が『拘束した日本人を人道主義の原則に従って寛大に許して国外追放すると決めた』と報道しました。

これに対してネットでは『この人は結局何をして捕まったの?』や『追放じゃなくて開放なんじゃないの?』や『そもそもこの人は何をしに行ったの?』と言われており

また『北朝鮮が解放するなんて何が裏がありそうだな』という意見もありました。

そこで今回は『スギモトトモユキは誰?北朝鮮に行く理由・目的は?国外追放の裏の意図をまとめ』というテーマについて調べてまいりました。
<スポンサーリンク>



スギモトトモユキは映像クリエイター

名前がカタカナで『スギモトトモユキ』さんと判明しましたが、この方は一体誰なのでしょうか。

実はこのスギモトトモユキさんの身元は、もう判明しています。

スギモトトモユキは誰?北朝鮮に行く理由・目的は?国外追放の裏の意図をまとめ

◾名前:
杉本智之

◾生年月日:
1979年2月14日(39歳)

◾出身地:
滋賀県

◾住所:
不詳

◾職業:
映像クリエイター

杉本智之さんは映像クリエイターという職業ですが、YouTubeなどにその名前を確認することができます。

杉本さんは『IMERUAT(イメルア)』という音楽ユニットの映像制作を担当されています。

この『IMERUAT』という音楽ユニットは、浜渦正志さんと言う有名な作曲家さんのユニットで、著名なゲームの『ファイナルファンタジーシリーズ』の作曲担当されている方でもあります。

杉本智之さんは、ゲームやアニメーションなどの業界では著名な人物だったのかもしれませんね。

定期的に更新されていた SNS がぴったりと更新を止め、ファンや関係者の間では大騒ぎになっていることは言うまでもありませんね。

以上が、『スギモトトモユキは映像クリエイター』についてでした。

しかし、どうしてもわからないのがなぜ北朝鮮へ行ったのかです。

続いて『スギモトトモユキが北朝鮮に行く理由・目的』について書きましたので御覧ください!

スギモトトモユキが北朝鮮に行く理由・目的は

日本と北朝鮮の関係については、突然先月始まったことではなく何年も問題を抱えたままの状態です。

日本政府も、北朝鮮への『観光など自粛するように』と呼びかけている中、なぜ杉本智之さんは今回北朝鮮へ行く必要があったのでしょうか。

杉本智行さんが北朝鮮へ行く理由と目的は、 今のところ確かな情報はありません。

これに対してネットでは『帰ってきて説明と謝罪をするべき』や『日本の政府が観光知識を呼びかけているのにそれでも観光に行く人は頭がおかしい』や『命があって良かった』と言われており

また『まさか植物人間状態での解放じゃないよね』という意見もありました。

今世界で、『一番やばい国』と言っても過言ではない北朝鮮に行くことはすなわち命を捨てることと同意義です。

確かな情報もなく気になるところですが、本当に『なぜ行かなければいけなかった』のか帰国したな説明責任を果たしてもらいたいものですね。

以上が、『スギモトトモユキが北朝鮮に行く理由・目的は』についてでした。

何にせよ、国外追放ということで北朝鮮からは出られるということがわかりました。

しかし具体的な場所や時間などはどうなっているのでしょうか。

続いて『スギモトトモユキが国外追放される日時や場所』について書きましたので御覧ください!

<スポンサーリンク>



スギモトトモユキが国外追放される日時や場所

北朝鮮の朝鮮中央通信へ報道された杉本智之さんの国外追放についてですが、果たして国外とは日本のことなのでしょうか。

杉本智之さんの国外追放については、やはり情報はありません。

普通に考えれば日本へ返還という流れになるかと思いますが、北朝鮮という国を考えればまだ油断はできません。

何かの間違いで『ロシアなどに追放』されてしまえば、さらに杉本智之さんの帰国は難を極めることでしょう。

これについても引き続き調査を続けていきたいと思います。

以上が、『スギモトトモユキが国外追放される日時や場所』についてでした。

日本に無事帰ってくると言う希望的観測を持つしか今はなすすべがありませんね。

続いて『スギモトトモユキが解放されることに対しての裏』について書きましたので御覧ください!

スギモトトモユキが解放されることに対して裏がある

杉本智之さんは今回健康な状態で帰ってくるのか疑問に思うところですよね。

2016年から北朝鮮に拘束されていたというアメリカ人学生のオット・ワームビアさんは意識不明の昏睡状態・・・いわゆる植物人間にされて解放されました。

ちなみにオット・ワームビアさんは2017年の6月13日に解放されましたが、同年6月19日に亡くなりました。

杉本智行さんが解放されることに対しては、裏の意図があると言われています。

ネットでは『北朝鮮のスパイとして日本に帰国することを脅されている』や『国際的に注目されすぎているから一歩引いたのではないか』や『人質としての価値がないと分かったのではないか』と言われており、

さらに『何か裏の交渉があったに決まってるじゃん』という意見もありました。

確かに今回杉本智之さんは解放されるのに対し、横田めぐみさんをはじめよど号グループに拉致された日本人は解放されていません。

これは『人質としての価値がない』というよりは『解放した方が得があるから』と言う意図であることは間違いないと思います。

何にせよ、杉本智之さんは北朝鮮からも日本からも監視対象となることは必至です。

帰国後の釈明会見に注目ですね!

以上が、『スギモトトモユキが解放されることに対して裏がある』についてでした。

まとめ

ということで今回は『スギモトトモユキは誰?北朝鮮に行く理由・目的は?国外追放の裏の意図をまとめ』について、書いてきました。

スギモトトモユキは映像クリエイターでした。

スギモトトモユキが北朝鮮に行く理由・目的は、今のところわかっていませんが、国外追放で帰国できた暁には釈明会見があることを願うばかりです。

スギモトトモユキが国外追放される日時や場所は、 確証ある情報はありませんでした。

スギモトトモユキの国外追放の裏の意図は、 『二重スパイ』『アメリカの圧力』『 金が動いた』など、北朝鮮側にメリットがなければ素直に釈放などするわけがないと言う 一部の意見がありました。

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする