沢田憲一の覚醒剤の刑罰は実刑か執行猶予か?入手先やいつから使用か?などまとめ

沢田憲一の薬物の刑罰は実刑か執行猶予か?入手先やいつから使用か?などまとめ

俳優『澤田(沢田)憲一』容疑者は、東京都新宿区歌舞伎町で職務質問を受けた際に、

使用済みの注射器などが押収され逮捕されました。

沢田憲一容疑者は、

NHK教育テレビの『にこにこぷん』などで歌のおにいさんとして知られる人物です。

その後の取り調べで、尿からは覚醒剤の陽性反応がでたということでした。

これに対してネットでは

覚醒剤の刑罰の内容ってなにかな?』や

執行猶予はつくんだっけ?』や

いつから薬物を使用してたのか?』と言われており

また『入手先はどこなんだろう?』という意見もありました。

そこで今回は

沢田憲一の覚醒剤の刑罰は実刑か執行猶予か?入手先やいつから使用か?などまとめ

というテーマについて調べてまいりました。

<スポンサーリンク>



沢田憲一のプロフィール

沢田憲一の薬物の刑罰は実刑か執行猶予か?入手先やいつから使用か?などまとめ

◾名前:澤田 憲一(さわだ けんいち)

◾生年月日:1969年 2月 6日( 49歳)

◾出身地:兵庫県

◾身長体重:173cm/65kg

◾特技と趣味:ピアノ、墨彩画、ミュージカルなどの作曲

◾所属事務所:エム・シー企画

1996年度よりNHK教育「うたってワクワク」のうたのお兄さんとして

5年間番組を務める。

その後、市民ミュージカルの作曲を手掛けたり、

俳優・歌手活動など多岐に渡り活躍していた。

沢田憲一の覚醒剤の刑罰は『1ヶ月以上、10年以下の懲役』

沢田憲一容疑者の覚醒剤所持や使用について、どのような刑罰が適用されるのでしょうか?

沢田憲一容疑者の刑罰としては『1ヶ月以上、10年以下の懲役』ということです。

逮捕弁護士.com』によると、

覚醒剤の『所持、使用』であれば1ヶ月以上10年以下の懲役ということでした。

沢田憲一容疑者は、

職務質問の際『注射器を押収されています』ので

覚醒剤所持で逮捕されるのは、当たり前ですね。

また、沢田憲一容疑者は

尿検査で陽性反応』がでましたので、こちらもアウトです。

実は、今回の様に所持を立証する物品が押収された場合を除き、

尿検査で『陽性反応がでなければ逮捕されない』そうです。

ただし、弁護士ドットコムよると

逮捕されないだけで、起訴される可能性は高い』とのことでした。

なんにせよ、禁止薬物を持ち出したり、

使用したりするのは大人のすることではありませんし、

同じ日本人として恥ずべきことです。

以上が『沢田憲一の覚醒剤の刑罰』についてでした。

続いては

沢田憲一容疑者は実刑になるのか執行猶予がつくのか』について調べてみました。

沢田憲一の薬物使用も執行猶予3年か

沢田憲一容疑者は刑罰では『1ヶ月以上10年以下の懲役』ということでしたが、

実刑判決』か『執行猶予付き』になるのか気になるところですね。

調べてみましたが、

沢田憲一容疑者は刑事裁判にて

初犯且つ単純な所持、使用であれば、懲役1年6ヶ月に執行猶予3年』ということでした。

逮捕弁護士.comによれば以下がポイントだということです。

  • 初犯であること
  • 単純な所持、使用であること

刑罰が重くなるポイントとしては

  • 前科がある
  • 輸入、輸出、譲渡、譲受、製造をした
  • 初犯でも量が多すぎる場合

という場合は『即・実刑判決』になるそうです。

恐らく沢田憲一容疑者は初犯であり、

今後の取り調べで『密売したり、製造したり、どっぷり闇社会の人

みたいなことが判明しなければ、

執行猶予付き』となりそのまま自宅に帰れるそうです。

ちなみに、今回沢田憲一容疑者は『前科者』となります。

逮捕されたから前科がつくのではなく、

尿検査の陽性反応』が出たので前科がつくことになりました。

ところで『芸能界』には薬物前科者がたくさんいますよね。

清原和博』や『ASKA』や『酒井法子』は有名ですが、

なんと『NHK教育番組の歌のお兄さんの薬物による逮捕は初めてではない』のです。

元・歌のお兄さんの『杉田光央』も覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されています。

子供たちの記憶に残る顔が事件で映ってしまうのは、嘆かわしいですねぇ・・・

以上が『沢田憲一の薬物使用で実刑か執行猶予か』についてでした。

ところで、沢田憲一容疑者はどこで覚醒剤を入手したのでしょうか?

<スポンサーリンク>



沢田憲一の薬物の入手先はネット?

沢田憲一容疑者の覚醒剤の入手先やルートはどこなのでしょうか?

沢田憲一容疑者が覚醒剤を入手した先は『現在詳しく調べている最中』ということでした。

分かり次第追記します。

芸能人 覚醒剤 入手先』で検索してみると、

楽天インフォシークニュース』の2016年の記事から以下のようなことがわかりました。

  • 2000年台前半は、インターネットは売買の無法地帯だった
  • ”掲示板”に書き込んでおくと『客』が電話してくる

このようにインターネットを使用するというケースがあったそうです。

また古典的ですが、『芸能人から知人の芸能人へ紹介』みたいな感じで、

売人と接触するケースも横行しているそうです。

今回捕まった歌舞伎町には、

以前は暴力団関係者が中心になり売買をしていましたが、

現在では中東系をはじめとした外国人が暗躍しているという噂です。

以上が『沢田憲一の薬物の入手先』についてでした。

非常に遺憾ですが、

沢田憲一容疑者はいつから覚醒剤を使用していたのでしょうか。

沢田憲一の薬物使用はいつから?

沢田憲一容疑者は元とはいえ『教育番組の出演者』で、

本当に今回の逮捕については残念ですよね。

沢田憲一容疑者はいつからこんなことになってしまったのでしょうか?

調査によると、

沢田憲一容疑者は『確証ある情報はありません』ということでした。

警察で現在も取り調べ中とのことですので、

そのうちわかれば追記したいと思います。

以上が『沢田憲一の薬物使用はいつから?』についてでした。

まとめ

ということで今回は

沢田憲一の薬物の刑罰は実刑か執行猶予か?入手先やいつから使用か?などまとめ

について、書いてきました。

沢田憲一の薬物の刑罰は『1ヶ月以上10年以下の懲役』ということでした。

沢田憲一の薬物使用で実刑か執行猶予かは、

『執行猶予付き1年6ヶ月』という判決が判例で最も多いらしいです。

本当に『所持と使用だけ』ならばですが。

沢田憲一の薬物の入手先は、

確証ある情報はありませんでした』が、

インターネットや知人のつてなど、現在取り調べ中ですね。

沢田憲一は薬物をいつから使用かは

確証ある情報はありません』でした。

分かり次第追記します。

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする