堺小春はブス?親のコネや話題性が主演の選考理由で演技力の実力無し?

堺小春はブス?親のコネや話題性が主演の選考理由で演技力の実力無し?

タレントの堺正章さんと岡田美里さんの次女の堺小春さんが10月6日に開幕する『金魚鉢のなかの少女』という舞台で主演を務めることがわかりました。

タレントの堺正章(72)、岡田美里(57)元夫妻の次女で女優の堺小春(24)が6日に開幕する舞台「金魚鉢のなかの少女」(東京・赤坂レッドシアター、14日まで)で舞台初主演する。オーディションで大役を射止めた小春はこのほど取材に応じ「感極まってしまいました。父も母も喜んでくれて、見に来るって言ってます」。父・正章も「ここからがスタート」と成長を見守っている。

これに対してネットでは『お父さんに似ちゃったのね・・』や『これはどこからどうみても親のコネ』や『選考理由は話題性かな・・・』と言われており

また『演技力は大丈夫なのかな?』という意見もありました。

そこで今回は『堺小春はブス?親のコネや話題性が主演の選考理由で演技力の実力無し?』というテーマについて調べてまいりました。

<スポンサーリンク>



堺小春のプロフィール

堺小春はブス?親のコネや話題性が主演の選考理由で演技力の実力無し?

◾名前:堺小春(さかい こはる)

◾本名:岡田小春(おかだ こはる)

◾旧姓:柳沼小春

◾生年月日:1994年 3月 10日(24歳)

◾出身地:東京都

◾所属事務所:アルファーエージェンシー

◾職業:女優・タレント

堺小春さんの本名は『岡田小春』ということでした。

生まれは東京で、最終学歴は大学で建築・インテリアを学んでいました。

2004年の10歳から活動〜ミュージカル『アニー』などが有名ですね。

当面の目標は『21世紀に羽ばたける女優になりたい』とのことです。

インタビューなどに答える時は「星3つです!」と“父譲り”のアピールするらしいです。

以上です。

堺小春はブス

堺小春はブス?親のコネや話題性が主演の選考理由で演技力の実力無し?

堺小春さんは、『母親に似なかったのね・・・』とネットで話題になっています。

堺小春さんはブサイクというのは、世間で満場一致なのでしょうか?

・・・

『母親に似てたら人生変わっただろうなぁ』

『顔が・・・w』

『はっきり言っちゃうと、美人じゃないね』

『千鳥のノブに似とる』

堺小春はブス?親のコネや話題性が主演の選考理由で演技力の実力無し?

『田舎っぺの顔で華がない!とても主演できるような顔じゃねぇよ!』

ネットでは、こういった声がたくさん挙がっています。

しかしながら、もちろん賛同するネット民もいました。

『可愛らしい方ですね。どこかの、娘は苦労なく輝かし表舞台に出てきましたが、ご自分で頑張れている事が素晴らしいです。』

『キムタクの娘もこうやって1からオーディションとか、受けて上がって出てきたらよかったのにね。親が有名だとそんなに努力しなくても仕事の道作られてて与えられていいよな。』

『木村拓哉の娘なんかより、よっぽどすごい!七光りだけど、努力していて応援したくなる。七光りに負けずに頑張って下さい!』

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Kokiさんと比較し、応援しているとメッセージを残す人もいました。

【関連リンク】

ちなみに他の残念な『二世タレント』としては、以下の様な人たちがネットで噂されています。

  • 福地桃子『哀川翔』
    堺小春はブス?親のコネや話題性が主演の選考理由で演技力の実力無し?
  • 綾乃美花『田原俊彦』
  • 穂のか『石橋貴明』
  • IMARU『明石家さんま』
  • 坂口杏里『坂口良子』

などの方々が挙げられています。

生まれてきた子供に罪はないのですが、世間の風当たりは想像以上に強いということでしょう。

しかし、それを押しのけて努力して這い上がった2世3世タレントは、お父様である堺正章さんのように不動の地位を会得するのかもしれません。

次は『主演選考の理由』についてです。

堺小春の主演選考理由は親のコネや話題性

堺小春さんは、堺正章さんの娘なので『2世タレント』と思われがちですが、実は堺駿二さんという喜劇俳優を祖父に持つ『3世タレント』です。

そのような出生の秘密を持つ堺小春さんの今回の主演起用は、親のコネによるものなのでしょうか?

・・・

堺小春さんの主演の選考理由は親のコネ『である可能性が高い』ということでした。

・・・

ただ、前項のように『何処からどう見ても可愛くない!』という人が続出しており、その意見がいつしか『親のコネなのでは?』という疑問に変わっているようです。

しかし、本当に親のコネなのか?というところを調査していくと以下のTweetをみつけました。

実は2004年に芸能界デビューをしていましたが、ずっと使っていた名義は『栗原 小春』という名義だったのです。

8年前までは「栗原小春」の芸名だったが、再スタートにあたり「父に(芸名を)堺でやっていい?と聞いたら『いいよ』と。父の表情がうれしそうでよかった」と屈託のない笑顔。

産経ニュース2015より引用

しかし、2015年に『栗原』から『』に解明したことで、親のコネクションを最大限利用できるようになったのでは?と言われています。

そして顔が似ていますからね。

・・・

選考とかで・・・

『・・あれ?もしかして堺さんって堺正章さんの・・・?(´・0・`;)』

小春『はい!(^^)』

・・・

とかいう流れになったら断れませんよね。

ネットでは、

コツコツとオーデション受けて、とはいえ。親の名前知ったら落とせないよね

演出側は素性がわかれば落とせないよね。

と言われていました。

それに良くも悪くも話題にはなるでしょうしね。

・・・

以上です。

続いて『堺小春の主演起用は話題性が理由』について書きましたので御覧ください!

堺小春の演技力の実力

堺小春さんはネット散々言われておりますが、演技の実力はどうなのでしょうか?

・・・

堺小春さんの演技力は『経験は少ないので期待はできないが、努力をどれだけ積めたかによる』ということでした。

・・・

堺小春さんの演劇歴は、2004年の10歳のときにミュージカル『アニー』のオーディションに合格し、その後は2007年の13歳の時に父・堺正章と共にNHK『夏雲あがれ』に出演し、そこから学業専念時代に入ります。

その後は『名義を栗原から堺に変えて』2015年の21歳の時にオーディションに合格し舞台出演を果たしました。

・・・で現在に至ります。

お世辞にも『多いとは言えない役者経験』ですが、3世代続く役者の血と努力が堺小春さんを羽ばたかせるのでしょうか?

父・正章さんからのアドバイスは『稽古で苦しみ、本番で楽しむ』という言葉だったといいます。

最初から「俳優」という特別な人はいません。みんな初めは普通の人です。優れた表現者となるためには、持って生まれた資質以上に、「努力する才能」が必要です。これは芸能界のみならず、どの世界で生きていくにも必ず役に立つ才能でしょう。

劇団ひまわりのHPより引用

血筋など関係なく、努力が大事ということですね。

出演の『経験』はそれほどないものの、見えなくても『努力』なら積み重ねることができますね。

堺小春さんはさぞかし努力したのかもしれません。

以上です。

まとめ

ということで今回は『堺小春はブス?親のコネや話題性が主演の選考理由で演技力の実力無し?』について、書いてきました。

堺小春はブス?

ネットでは『ブサイクだ』という声のほうが大きい気がします。

堺小春は主演起用は親のコネや話題性が理由か?

名前を改名した時点で『間接的にコネを利用』知ていると思われます。

堺小春の演技力の実力は

『経験』は少ないですが、『努力』をどれくらいしたかですね。

演技力のフィードバックに注目したいと思います。

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



『ブス』に関するあなたへのおすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする