トレンディエンジェル斎藤司の娘・長女!名前と頭皮のハゲ遺伝は?

斎藤司さんは、「斎藤さんだぞ!」や「ぺっぺっぺー」などのネタと、斎藤司さん自身の華麗なる禿げっぷりをネタに大ブレークした「トレンディエンジェル」というお笑いコンビのお一人ですが、今回その斎藤司さんに第一子の長女が誕生したそうです。斎藤司さんは2017年の12月24日に20代女性とクリスマス・イヴ入籍をしました。相手女性は、入籍予定の発表時から、既にお腹の中に赤ちゃんを妊娠していることを明かしていました。当時の出産予定日としては12月の時点で「2018年初夏が予定」ということでしたが、6月6日に無事誕生という予定どおりの出産でした。斎藤司さんは、今回の出産について、喜びのコメントを残しています。

「本当に神さまありが頭皮。親の仇か、というくらい毛がフサフサです!」

<スポンサーリンク>



「もう今日からは滑れない 頑張る! 頑張ってくれた奥さんと娘ちゃんに超感謝」

周りも嬉しくなってしまうような喜びを見せ、ニュースで一気に幸せムード全開の斎藤司さんですが、辛い過去を乗り越えてこその幸せなのでした。斎藤司さんは、現在の奥様より前にずっと付き合っていた彼女(元カノ)さんが居たそうですが、ずっと結婚にも踏み切れず、ついにはその元カノにはフラれてしまったそうです。

「結婚を全然しないから愛想をつかされちゃって。なかなか度胸がなくて」

破局理由をこのように説明したそうです。しかし、この経験を深く反省されたのでしょうか・・・今から約1年前に現在の奥様と交際をスタートし、約8ヶ月でスピード婚をするという話題が出たと思いきや、フライングして子供までできているというのには、世間も驚かされましたね。今回、出産を終えたと言うことで、本当におめでたい限りですが、気になるのが今回生まれてきた長女ちゃんの情報です。

斎藤司さんのプロフィール

トレンディエンジェル斎藤司の娘・長女!名前と頭皮のハゲ遺伝は?

名前:斎藤司(さいとう つかさ)
ニックネーム:斎藤さん
生年月日:1979年2月15日(39歳)
出身地:神奈川県横浜市青葉区青葉台
血液型:AB型
身長:172cm
コンビ名:トレンディエンジェル(ボケ担当)
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業東京本社)
出身校:横浜市立奈良中学校
    日本大学高等学校
    日本大学商学部商業学科卒業
芸人になりたいと思ったキッカケ:失恋で泣いていたときテレビのお笑い番組を観て思わず笑ってしまったこと

斎藤司さんは東京都町田市で生まれて、そのまま神奈川県川崎市鷲沼、神奈川県横浜市青葉区へと移り住みましたが、高校生の頃に当時38歳だったという母親を亡くし、父子家庭で育ちました。斎藤司さんはお母様の事がほんとうに大好きだったそうです。

「叱ってくれたし、同じ目線に立ってくれようとした母親でした。デリケートな思春期でもグイグイ入ってくるような、友達のような存在でした」

しかし、人見知りな性格もあって、高校生の時は思うように友達が作れずふさぎ込み、父にもそれを話すことができなかったと言います。父子のギクシャクした関係というのは、男性であれば身に覚えが有る方も大勢いらっしゃると思いますが、そんな関係は社会人になってからも続きます。広告会社やアパレル関係の会社の面接を受けるも、大学卒業までに就職が決まらなかった斎藤司さんでした。苦肉の策で、求人にあった「楽天」にアルバイト入社をすることになりました。そして、その2年後に、「楽天」から斎藤司さんに正社員登用の話が上がっていたのですが、それを断り、2004年に吉本総合芸能学院(NSC)に入学し、芸人になる決断をしました。そして、全く売れない日々が続きました。

「芸歴12年でいままで毎日0円だったので」

これはオーバーな表現だと思いますが、売れない芸人さんは辛いのでしょうね。「楽天」社員を蹴っての希望ですから、後戻りもできませんし、ご家族も心配されていたと思います。しかし、そんなある日、斎藤司さんの元に、父・隆さんから現金5万円の書留と手紙が届きます。

「司へ 自分で決めた道だ 頑張れよ 父より」

親には多大な心配と迷惑を掛けたと語る斎藤司さんでした。・・・そしてついに、2013年にオンバト+第3回チャンピオン大会優勝(3代目チャンピオン)となり、2015年、ついにノーシードでM-1グランプリを優勝する偉業を成し遂げました。その後は前述した、元彼女と交際を続けて局しましたが、またすぐに現在の奥様にあたる女性と交際、12月に入籍し、2018年6月6日に長女が誕生しました。

斎藤司さんの娘・長女の名前は?

斎藤司さんは長女出生前には、ジブリ映画で有名な「魔女の宅急便」が好きとのことで、3つある名前候補のうち、一つを「キキ」であることを明かしました。しかし、斎藤司さんは「キラキラネーム」にはしたくないとの意向があるそうで、「キキ」という名前をYahoo知恵袋で見た時に「そんな名前をつける親の顔が見てみたい」と書いてあるのを見て迷っているそうです。

(キキは)奥さんも悪くない感触だったのですが。2人ともパソコンの検索で『キラキラネーム』というのを見ちゃったので。でも(名前は)かわいいですよね?

と発言しており、まだまだ、「キキちゃん」になる確率はあるのではないかと思います。しかしながら、長女出生後の斎藤司さんは、名前が決まるまでは、また違う呼び方で過ごしています。

<スポンサーリンク>



(名前は)まだ決めていません。いまはぺぺと呼んでるんでるけど、さすがにそれは。声がいい感じなので、声系の名前をつけたい

「声系の名前」・・・とは何を表しているのだか、理解するには少し難しそうですが、別の候補があるということだけには、注目ですね。いまは「ぺぺ」と呼んでるということですが(笑)個人的には、「キキ」ちゃんも有りっちゃ有りだとは思います。また、斎藤司さんは以前に、こんなことも話をしています。

男の子だったら、僕がかなえ切れていないジャニーズ入り、女の子だったら乃木坂46入り。アイドルの夢を託したい

斎藤司さんは自分の夢でもある”アイドル入り”を視野に入れたネーミングもありそうです。ただ、実際何個か候補があるそうなのですが、斎藤司さんには奥様が教えてくれないそうです。笑 何故なら、斎藤司さんが「会見で漏らしてしまうタイプ」とわかっているからだとか笑

斎藤司さんの娘・長女の頭皮とハゲ遺伝は?

斎藤司さんのトレードマークとも言える「薄毛」ですが、2018年現在、斎藤司は39歳ですが、結構進行が早い方の方ですね。気になるのが娘さんへの遺伝状態です。

パパとハゲの間をとって“パゲ”と呼ばれたい。パグみたいでかわいいでしょ?

と語るのは、娘・長女が生まれる2ヶ月前の話でした。このように常にハゲをネタにしきっているトレンディエンジェル斎藤司さんですが、「ハゲは遺伝する」と言われています。男性ほど明確にその影響が出るわけではないですが、女性の薄毛にも「遺伝は間違いなく関与」しているそうです。つまり、斎藤司さんの遺伝子がある限りは、娘・長女ちゃんも十分可能性があります。ちなみに、女性の薄毛が発生する要因としては、①父方、母方、両親ともに薄毛遺伝子を持っている。②男性ホルモンが強く出てしまう。③乱れた食生活、以上の①〜③が主な要因となってくる。娘・長女ちゃんが「ハゲ遺伝子」を受け継ぐ・・・となると、斎藤司さんはかなりの「ハゲ遺伝子」の強さが予想できる。そして、気になるのは、奥様の方の血筋を見てみたほうが、より明確な答えがでるでしょう。しかしながら、必ずハゲになってしまうわけではない。正しい食生活を取り入れ、正しい頭皮ケアをすれば大丈夫とのことでした。

まとめ

トレエン斎藤司さんは娘・長女にメロメロです。生まれる前からメロメロでした。名前は「キキ」などの多数候補がありますが、斎藤司は記者会見などで「ポロ。。。」っと言ってしまうことを奥様に見抜かれて、現在は名前候補を教えてもらえないという事態に。そして、「ハゲ遺伝子」は当然生まれて来た子どもたちに備わるが、ちゃんと対策をうてば、それなりに回避はできるといいます。そんなこんなで第一子誕生にトレエン斎藤司はバタバタとしていますが、可愛い名前と容姿になればいいですね!
<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする