野焼き農家の嫌がらせの内容がヤバい?話し合いは無理?苦情対策をまとめ

兵庫三田市野焼きに苦情は住民の身勝手?嫌がらせや対策の内容をまとめ

兵庫県三田市の農家では米の収穫を終えると田んぼを野焼きするのですが、近隣からの度重なる苦情に困惑しているとのことです。

昔からこの季節になると、刈った稲などを田畑で燃やす「野焼き」が各地で行われてきました。しかし、兵庫県三田市では「煙が洗濯物につく」などの苦情が住民から多数寄せられ、農家は困惑しています。「野焼き」の是非をめぐる論争に果たして結論はあるのでしょうか。

住民は『煙たいし嫌だ』『ニオイが洗濯物などにつく』など、言い分を持っているようです。

「煙たいし前見えなかったしね。嫌ですよね、やっぱり」(住民)
「煙より臭いが来ますね。洗濯物に臭いがつく」

稲刈りや田植えが盛んに行われる時期には決まって野焼きが行われるため、煙たくて窓も開けられなくなるといいます。

「農家の人に燃やし方考えてくれませんかって言ったら、『我々も野焼きする権利があるから』と言われた」(住民)
「焼かなくちゃいけないものなのかということがわからないから。何のために焼いているのか不思議なんですよね」

一方、何百年も昔から農業を営む農家の人々の言い分もあります。

「草刈りますからね、刈ったら燃やさな困るですわね。皆さん野焼きできなくなっているから、本当に困ってますね」(農家の男性)

代々農家を営む男性は「野焼きができなくなったら死活問題だ」と話します。野焼きをしなくなると、刈り取った稲や取り除いた草木を産業廃棄物の処理業者に頼まなければならず、ざっと4万円はかかってしまうといいます。別の農家の女性も野焼きの煙が迷惑になると思う一方、なんとか理解してもらいたいと話します。

「実際問題、草をゴミ袋に入れて全部出すということも普通はできない。燃やしたらいかんってことやけどね、稲刈るようになったら草を燃やさんことには虫が出てきまんねや。こんなことして悪いとは思いつつ…」(農家の女性)

ということでした。

このような地域的な問題は各地に存在していますが、果たして解決の糸口はあるのでしょうか?

ネットで囁かれていることを中心に答えを探ってみたいと思います。

そこで今回は

野焼き農家の苦情対策は?話し合いは無理?嫌がらせの内容をまとめ』というテーマについて調べてまいりました。

<スポンサーリンク>



兵庫三田市野焼きに苦情は住民の身勝手か

兵庫県三田市の野焼きに対する住民のクレームは『後から来ておいて文句を言うなよ』と言われていたり『仕方ないことだろ!我慢しろ』と言われていたりします。

・・・

この近辺住んでるけど…ほんとに朝から晩までずーっともくもくもくもく。
線路の真横でも野焼きしてたり。
農家さんもある程度のマナーを守って欲しいです。

食糧自給率アップと言いながら需要もないのに農地を潰し商宅地へと供給し続けてきた現実。その影響が地方地価の下落、空き家、シャッター商店街、限界集落。そもそも、その農地は農業委員会で厳格に管理される筈だったんだけどね。

自分は野焼きの臭いが大嫌いだが、好い匂いだと言う人もいる。それになにより昔からの農家にとっては既得権。でも住環境も住人も変化するのだから、実情に合わせて既得権の見直しはすべきと思う。

野焼きしてる地域に越してきた新参者が、後出しジャンケンで文句言ってるって事ですよね。
やってること、地上げ屋と同じですね。
土地買う前に、引越し前に、どのようなエリアかチェックしなかったのが悪い。

泉佐野市の市街地在住ですが、おばあちゃんんが一年中、毎日の様に野焼きしてます。小さい畑で毎日何をそんなに焼く物があるのかと見ていると、家のゴミを持って来て焼いてます。だからダイオキシンとか出まくりです。市のゴミ袋を買うのがもったいないだけで、皆んな迷惑してます。農家の一部にはこんな人も居るのです。

田畑ばかりの土地に移り住んで来て迷惑だって騒ぐ人そのものが農家にとって大迷惑。
それが嫌なら都心部で暮らしましょう。自分たちに都合のいい自然だけを味わいたいってのはダメだよ。

農家です。
周りにどんどん家が建ち、朝早くのトラクターや
機械の音に苦情が来ます。
夏場は特に早くに仕事を始めないと、
猛暑の中は体が持ちません。

ので、うちの地域のほとんどの農家は
あと2、30年で廃業だと思います。

私もこの代でやめます。
息子にはさせません。
米も野菜もいずれ作る人がいなくなるかも。

農家は悪くない。畜産農家の近くに住んで臭いとか線路の近くに住んで電車がうるさいとか言ってるような感じに聞こえる。ニュータウンとはいえそんなに嫌なら他にも選べただろうと思う。税金の為ですし市も中立を図らなければいないのも分かるが、地域の円滑化の為にも各地域のメリットデメリットも伝える上で売り出せばいいのにと思う。

田舎ならわかるよ。煙い。
時間を考えてくれたらその時間は窓閉めるとか対処もできるけどあちこちが勝手に焼くもんだから稲刈りなど収穫のあとは常にどこか燃えてる。曜日決めて決まったところで燃やせるようにとかできへんのかな。店頭価格ひとつ100円の野菜、いくらで市場で売ってもうけてるか考えたら処分費の4万はちょっと高いなぁ。こんなで儲からないしやめるってなったら日本から農家がなくなったら困るのは私たち農家以外の人間だし。
こういうのはどこに言っていけばいいんだろうか

「洗濯物に臭いがつく」のがイヤなのはわかります。野焼きの時期は中干ししましょう!

野焼きは、次年度の農作業準備。大切な仕事です。
田園地帯に住む覚悟を決めて引っ越して来た人ならば、それは我慢。
文句を言うなら、引っ越せばいいのでは?

原因はこれだけじゃないだろうか
泥を道路に挙げたまま放置してたり農機で公道走行したりそういう不信感が積もり積もってる部分もあるんじゃないだろうか

田舎育ちなので、野焼きはじまると母に窓閉めて!早く洗濯物取り込んで!と言われてたし、通学の途中とか息止めて煙が目にしみて涙目になりながら通ってたけど、それが当たり前の光景だったから迷惑だと思った事はなかったな。
その時期はそういうものだと思ってた。

だからクレーム言う人はたぶん他所から来た人なんだろうな
〜と思う。
元々住んでてずっとそういう生活してたのにあとから来た人に文句を言われて文字通り煙たがられるのって悲しいけどそれが都会化するということなんだろうね。

農家の娘なので、重要性は解ります。野焼きをしなかったら虫が大量に湧くので、代わりに農薬などの薬を頻繁に使う事になると思います。こちらの方がずっと体には悪いですよ。薬を撒いた直後の畑や田んぼの周辺・・・窓を開けると煙の比ではなく体調を崩します。作物も薬漬けになります。また、洗剤を使って薬を流さないと食べられない野菜ばかりになってしまいます。
行う前に周知する等して、共存するのが望ましいと思います。

以上がネット上の世論でした。

  • 野焼きがあるのを知ってて田舎に来たんじゃないの?
  • 後から来ておいて文句を言うな

など農家側の主張を擁護するものがありましたが、一方で

  • あちらこちらで好き勝手に野焼きをしているからキツイ
  • 家庭ごみなども燃やしているのを見た

など住民側の立場に立った意見もありました。

さらには、

  • 自給率を上げるという国の政策と実際に地方での開発とがちぐはぐになっているのが原因
  • 地域のメリット・デメリットを説明していない販売者や自治体が原因

など役所や国の不備が原因だろうという意見があり様々です。

<スポンサーリンク>



兵庫三田市野焼きの嫌がらせの内容は

兵庫県三田市では、野焼きの苦情がエスカレートして、嫌がらせのような行為が発生しているとの情報もありました。

その内容をクチコミから見てみましょう。

ちなみに消防は勘違いでなく、故意に通報しているようです。
積極的に通報したり、匿名で役所にひたすら苦情言うてる人のブログもありますね。
私は三田で働いていますが住んでるところは別です。
三田の方が土地も広く住環境もいいですが、野焼きや虫、寒さが嫌でもう少し街の方に狭い家を買いました。
ニュータウンや田舎暮らしと言う人はその辺り納得で買ったもんだと思っていましたが…

廃棄物処理法では原則禁止なんだから
どんな理屈つけても違法行為
とにかく毎日何時でも110番繰り返し110番嫌がらせのように110番
動画撮影して記録して刑事告発すべき
違法行為なのだから徹底的に叩くしか無い

一方で、『野焼きで嫌がらせされている』という人も居るようです。

このように、住民側は本当に辛いのだろうと思いますが、『被害者の会』や『環境省へ野焼き原則禁止の訴える会』のように団結して苦情を訴えて居ます。

しかし、一方は『野焼きは権利だ』と言い張り、一方は『即刻禁止だ!』と主張しているのがわかりますよね。

うまくその間をとれないものでしょうか。

それを考えるのが人間であることの証しだとも思います。

ということで次項は『野焼きの対策』についての意見を集めてみました。

兵庫三田市野焼きの苦情に対する対策の内容は

田んぼに野焼きの時期と必要性を書いた看板を立てられたらどうでしょう。
役所にも大きく張り紙をするとか。
農家の方がやみくもにやっているわけではないのですから、周知して理解を得ないと。
先のコメントにあったように、
健康な作物を作るために必要な作業であること。
知らない人多いと思います。
逆に市役所主催とかで、農家さんとの交流の場を増やせたら良いかなと感じます。

前日までにこの日にやるよーと言ってもらえるとすごく助かる。丁度季節の変わり目で洗濯物も増える時期。しっかり臭いが付くので100%洗い直しだし、その日に布団でも干そうものならガチで買い替え案件。
昔は主婦が家に居る率高かったから、慌てて取り込めばなんとかなったのかな。今は日中留守のお宅が多いのも苦情の原因かも。
文句を言ったことは無い。でも一言教えてくれれば部屋干しすればいいだけなので、是非教えてほしい。

煙がもくもくと出て、匂いもする原因の主なものは、水分による不完全燃焼です。
もちろん乾かしてから燃やすのも一つの方法ですが、完全燃焼できるロケットストーブを使ったらどうでしょうか。
高温燃焼するので、そもそも煙が殆ど出ませんし、不完全燃焼時のガスも二次燃焼してしまうので、おすすめです。
「ロケットストーブ」で検索すれば、自作方法が一杯でてきますよ。
もちろん、燃やす量によって、大型化は必要だと思いますが、一般的な野や木だと、廃ドラム缶を使用したロケットストーブで賄える範囲かと思います。

この問題だけでなく、最近のこの手の問題で思うのは・・・。
「話し合いを持って双方の主張を聞き、知恵を出し合って解決する」ってことが出来なくなったみたいですね、最近日本では・・・。

昔みたいに双方(の代表者)が直接顔を合わせて話すとか無いんでしょうね。
苦情として行政にあげて、かえって「いがみ合い」が深刻になっていったりするんじゃないでしょうか。

その他の問題でも、どちらも主張を譲らず、100%勝ち負けでしか決着できないような感じがします。
お互いに「譲歩して」ってもう流行らないのでしょうか・・・。

野焼きをしなきゃいけないのは分かります。
ですが事前に知らせてもらいたいですね。洗濯物が全滅になります。回覧板でいいので周知すればそれなりに対策がとれますので!野焼きする本人は分かっているので洗濯物を出したり窓を開けたりしないでしょう。で、なるべく農家の方で日を決めていっぺんにやってください。

ということでした。

ネットのクチコミだけでもたくさんの対策案が出ています。

  • 野焼きの曜日、時間を決めてその時間に行い回覧板などで周知
  • 煙が出ない方法で焼くことのできる治具を導入する。

素晴らしい意見だと思います。

まとめ

ということで今回は

野焼き農家の苦情対策は?話し合いは無理?嫌がらせの内容をまとめ』について、書いてきました。

賛成派、反対派というのは、どんなジャンルの物事にもつきものですよね。

しかし、ただ感情にまみれた自分の意見を主張するだけでは、解決の糸口は見えてきません。

人間はどうしてここまで発展できたのか・・・その答えは『お互いを許し合い譲歩仕合って』きたからではないでしょうか。

野焼きが必要なら野焼きを迷惑にならないように行うにはどうしたらいいのか?というのを考えるべきで、『即刻やめろ』ですとか『後からきた余所者が口出すな』というような物言いでは、何も解決することができませんね。

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



『地域』に関するあなたへのおすすめ記事

  1. 生活保護者の義援金収入金額や受給者数は?不正受給と打ち切りは妥当?
  2. 天理市自治体・村八分は場所はどこで?会長は誰?差別の実態と原因や慰謝料金額をまとめ
  3. 潰れない店、その理由は何でしょう?何故、潰れないで存続できるの?1
  4. 房総半島で潮干狩りするならここ!料金別のランキングをご覧あれ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする