前川喜平の現在の職業や年収は?辞任の理由と家族や子供のその後は?

前川喜平の現在の職業や年収は?辞任の理由や家族や子供は何をしてる?などまとめ

文科省事務次官の戸谷一夫氏が辞職する意向という情報が入りましたね。

2018年は文科省の職員が相次いで逮捕されていきました。

文科省という立場を利用して、

賄賂を受け取ったり接待を受けた者が出たというのが理由です。

賄賂は送る側は『贈賄罪』、受け取る側は『収賄罪』となり、犯罪です。

何かと問題が多い印象の文科省ですが、

戸谷一夫氏の前の事務次官である前川喜平氏も事務次官を辞職していますが、

理由はやはり『汚職問題』でした。

これに対してネットでは『前川喜平っていまは何で食ってるの?』や

前川喜平っていまどれくらいの収入で生活してるんだろう』や

戸谷一夫が後任になったけど、結局前川喜平は何で辞職したの?』と言われており

また『前川喜平の家族とか子供って何してるの?』という意見もありました。

そこで今回は

前川喜平の現在の職業や年収は?辞任の理由と家族や子供のその後は?

というテーマについて調べてまいりました。

<スポンサーリンク>



前川喜平のプロフィール

戸谷一夫氏の前任者である前川喜平について確認してまいりましょう。

前川喜平の現在の職業や年収は?辞任の理由や家族や子供は何をしてる?などまとめ

◾名前:前川喜平(まえかわ きへい)

◾生年月日:1955年 1月 13日( 63歳)

◾出身地:奈良県御所市

前川喜平氏は奈良県御所市生まれで、子供の頃に一家で東京に引っ越してきました。

東京では『麻布中学校・麻布高等学校』を経て

東京大学法学部』を卒業し、文科省に入省したそうです。

1981年に結婚しました。

ざっくりとした職歴としては、

文部科学省官房総括審議官

官房長

初等中等教育局長

文部科学審議官

文部科学事務次官

という歩みになっています。

学生時代は『学生紛争』の真っ只中、

『自分の正義は自分でつかむしかない」

という信念を持つに至ったと語っているそうです。

以上が、『前川喜平のプロフィール』についてでした。

続いて『前川喜平の現在の職業』について書きましたので御覧ください!

前川喜平の現在の職業は教師

前川喜平さんは文科省の事務次官を辞職したあと、

現在はどんな仕事をしているのでしょうか?

調査によると、前川喜平さんの現在の職業は『基本的には無職』ということでした。

2018年1月にAbemaTVに出演された前川喜平氏ですが、

番組の中で以下のように語っていました。

(前川喜平)だからたまにね、(中略)私、いま基本的に無職ですから。

とのことでした。

前川喜平氏は、番組の中で『現在やっていること』として、

夜間中学で高齢者などを対象に教師』をしていると語りました。

自主夜間学校』と呼ばれる学校で教師をしているそうです。

自主夜間学校』とは1985年の埼玉県で始まった

外国人・不登校・高齢者』など『学び直しができる学校』のことです。

番組で『なぜこんなことをしているのか?』という質問に対して

(前川喜平)それはやっぱりね、夜間中学というものを文部科学省がほったらかしにしてきたっていう責任を感じているんです。本来、非常に大事なものなのに文部科学省としてきちんと教育行政の対象として捉えてこなかった。

と語りました。

この夜間中学は『基本的に費用を徴収しない』というシステムで、

退職教員などのボランティアで成り立っているそうです。

以上が、『前川喜平の現在の職業』についてでした。

果たしてこの『教師業』で食べていっているのでしょうか?

続いて『前川喜平の現在の年収』について書きましたので御覧ください!

前川喜平の現在の年収は

前川喜平さんは事務次官を辞職から現在、

どのくらいの年収でご生活されているのでしょうか?

前川喜平さんの現在の年収は『はっきりしたことがわからない』ということでした。

前川喜平氏の年収を調べてみると、事務次官時代の推定年収が出てくるばかりです。

ちなみに『文科省事務次官の推定年収は3000万円』と言われています。

月収にして役200万円〜300万円くらいでしょうか。

現在の『夜間中学教師は3万円〜ときには10万円くらいの交通費をもらうだけ

なのだとか。

ですから、本収入は別のところからと考えるのが適切でしょう。

基本的に無職』でも収入を作れるとしたら、

株の配当金』や『ネットビジネス』なんかが思い浮かびますが、

どれも予測の範囲を超えませんね。

以上が、『前川喜平の現在の年収』についてでした。

続いて『前川喜平の辞任の理由』について書きましたので御覧ください!

<スポンサーリンク>



前川喜平の辞任の理由は

今回は戸谷一夫氏が『汚職による責任』のため

事務次官を辞任する意向を示したと報じられていますが、

前事務次官の前川喜平氏はどのような理由で辞任したのでしょうか?

前川喜平氏の事務次官辞任の理由は『天下り問題による自主辞任』です。

当時の文科省高等教育局長であった『吉田大輔』が、

早稲田大学大学総合研究センター』に教授として再就職したのですが、

文科省職員が利害関係のある大学に対して違反行為であることを知りつつ

『求職活動』『職員の除法提供』を行い、

これを隠蔽するために『監視委員会に嘘の報告』をしたという事件がありました。

当然ですが、

組織の長である当時の文部科学大臣『松野博一』氏は責任をとり、

給料を半分にカット』されました。

しかし、事務次官であった前川喜平氏は

2ヶ月減給』や『停職相当の懲戒処分』相当だったにも関わらず

辞任』を選択しました。

この辞任に関して本人と批判者の意見が割れています。

前川喜平氏は『自分の意思で辞めるんだ』と言いましたが、

当時の『菅』官房長官は『地位にしがみつきたかったくせに、悔し紛れを言うな』

とういうように食い違いになっています。

以上が、『前川喜平の辞任の理由』についてでした。

続いて『前川喜平の現在の家族や子供』について書きましたので御覧ください!

前川喜平の現在の家族や子供は

前川喜平氏の現在のご家族はどうなっているのでどうなっているのでしょうか?

前川喜平氏は『祖父が前川製作所という業務用冷蔵庫会社の創業者』としてしられ、

前川喜平氏の妻は『誰かという情報は見つかりません』でした。

前川喜平氏の子供は『息子が二人』ということでした。

ネットで調査を開始すると以下のような噂が主流になっていました。

  • 息子は二人
  • 息子のうち一人は厚生労働省の職員
  • もう一人の息子は医師

ということでした。

ちなみに前川喜平さんのお父様は『株式会社前川製作所の社長』ということで、

要するに二代目社長です。

とんでもないエリート一家ですので、

前川喜平氏が無職だろうとお金は有り余っている』可能性がありますね。

以上が、『前川喜平の現在の家族や子供』についてでした。

まとめ

ということで今回は

前川喜平の現在の職業や年収は?辞任の理由と家族や子供のその後は?

について、書いてきました。

前川喜平の現在の職業は『無職+夜間中学』の教師でした。

前川喜平の現在の年収は『確証ある情報』はありませんでした。

前川喜平の辞任の理由は『天下り問題の責任を感じ、自主的に辞職』しました。

前川喜平の現在の家族や子供は

『祖父・父は経営者、息子は厚労省職員と医師』ということでした。

ということでした。

今後の前川喜平氏がどうなるのかも気になりますね。

この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする