スーパーモンスターウルフの価格や弱点改良でも効果はなし?とネットの声

イノシシ撃退ってスーパーモンスターウルフの他に方法や対策案はないの?

全国の農家はせっかく作った農作物を野生動物に荒らされたり、食べられたりする被害に大変苦しんでいるようです。

動物も生きるために必至ですので、人間が作ったものだろうがなんだろうが奪いに山から畑まで降りてきます。

淡路島では、稲穂の収穫を目の前にイノシシ被害に苦しんでいるようです。

そこで導入されたのが動物撃退用の兵器(?)『スーパーモンスターウルフ』です。

イノシシ撃退ってスーパーモンスターウルフの他に方法や対策案はないの?

スーパーモンスターウルフを畑に置いておくと、センサーで動物を捉えて、狼の吠える音声や人間が怒鳴る声などを発します。

これを聞いた動物たちはびっくりして一目散に退散するのですが、スーパーモンスターウルフも万能ではないようです。

・・・

そこで今回は
スーパーモンスターウルフの価格や弱点改良でも効果はなし?とネットの声』というテーマについて調べてまいりました。

<スポンサーリンク>



イノシシ撃退にスーパーモンスターウルフを使ったら・・・

北海道や千葉県で一定の成果を出したスーパーモンスターウルフですが、兵庫県淡路島にきたスーパーモンスターウルフは、少し困ったことになっているようです。

ウルフには思わぬ弱点があったのです。ウルフの正面ではなく背中側を撮影した際の映像を見てみると…何頭ものイノシシがウルフのすぐ後ろ側で土を掘り起こし続けています。動きに反応するセンサーは正面側に設置されているため、背後に忍び寄る動物には全く効果がなかったのです。

「効果はあるんですよ、あるんやけど、この後ろに来たいうのはちょっとびっくりしたな。この上の田んぼの人怒っとんやな。ウルフをそっち向けたから(イノシシが)うちへ来たと」(地元農家の男性)

なんとスーパーモンスターウルフには

  • スーパーモンスターウルフの後ろ側は完全無防備でイノシシが来まくる
  • スーパーモンスターウルフを置いたらその場所から離れた別の田んぼに出現するようになり苦情になっている

という弱点があらわになったそうです。

スーパーモンスターウルフの価格は一体20万円と安くない値段ですが、淡路島の農家の方は『今度こそは・・・』という思いで買ったことでしょうね。

一体どうすればいいのでしょうか。

・・・

次項は『イノシシ撃退ってスーパーモンスターウルフの他に方法や対策案』についてです。

どうぞお進みください。

<スポンサーリンク>



イノシシ撃退ってスーパーモンスターウルフの他に方法や対策案はないの?

イノシシ撃退用ロボの『スーパーモンスターウルフ』は惜しくも、背後の無防備さとイノシシの移動による近隣農家からの苦情という黒星をのこしてしまいました。

先日も『野焼きの件』で農家の方々はすごく苦労されているという話があるみたいでしたが、食べ物を作るって本当に大変なんですね。

ここでは、ネットの意見から『スーパーモンスターウルフの価格や弱点改良でも効果はなし?とネットの声』などを中心に見ていきましょう。

後ろが弱点ならウルフの乗ってる台を回転させるようにすれば?

ただ、そうやって追っ払ってもイノシシの個体数が増えれば飢えからどうしても畑へやってくると思う

天敵の狼の代わりに人間がやるしかないでしょう
イノシシ肉販売業者でも作って定期的に狩を行う
もしくはわなを仕掛けて捕まえて牧場にする

普通に狩猟して鍋にしてくれれば良いが、ハンター不足しているのかな?

ドードー鳥が絶滅したみたいに、食料になれば数は減らせると思う。
癖があって食べにくいのであれば、加工技術を向上させたり、
ペットフードにしたりしたらどうだろう?

あとはマタギの育成もか。
ジャンプとかでマタギを主人公にした漫画を流行らせたら
なりたい人も増えないかな?
銃などの管理が大変らしいので、それは役所とかの公的機関で
一括管理してハードルを下げるとか…

自然はいつも人の一歩前を行くのかな。
電気柵の草刈りがなかなかできないなら
田畑の回りを覆う耐久性のあるシートを
つけるとか?
経費は農家の負担にならないよう国がもつ。自然はいつも人の一歩前を行くのかな。
電気柵の草刈りがなかなかできないなら
田畑の回りを覆う耐久性のあるシートを
つけるとか?
経費は農家の負担にならないよう国がもつ。

後ろを作らなければ良いのか前後に頭を二つ付けるとか。全体像も恐ろしくなっていいかも

ケルベロスの様に複頭にして、周囲に全ての頭を向けている本当の意味で「スーパーモンスター」にすれば良いのでは。

猪鍋を名物にすればあっという間に刈りつくされそう。それはそれで問題になりそうだけど。

ナショジオでやってたが、欧米のオオカミロボットは、本物のオオカミの尿を使ってる。これが効果あるらしい。

バカバカしい機械です。結局は他の田んぼへ行くだけの話ですから。
だからといって、この機械を何万台と島中に配備したら、逆に人間がおかしくなります。
結局、駆除していくしかないと思いますけど

な~んか、楽して米を作ろうとしてるとしか思えん。記事の写真のように鉄筋で柵を作れば、少なくともウチの田んぼに猪は100%入って来ませんが?あと畦をコンクリートにして電気柵にしたらかなり違うが、それもメンドイ言うやろな。

ここまで、にこだわる必要はあるのかなあ

結果を出してるんだから
難しくすな
もう一匹買って逆向きに設置すればいいだろう

江戸時代には、農民が寝ずの番をしながら追い払っていたという本を読んだことがある。既に江戸期から現代と同じ状態であったということ。

淡路市も年間一億円もお金かけてるなら、
普通に警備会社にお願いした方が効果的だと思いますが。

まとめ

ということで今回は
イノシシ撃退ってスーパーモンスターウルフの他に方法や対策案はないの?』について、書いてきました。

・・・

ネットでは色々と意見が出ていましたね。

  • 原始的だが人を雇う
  • スーパーモンスターウルフをもう一体置けばいい
  • スーパーモンスターウルフの頭を三方向につけてアシュラウルフにする
  • 360度センサー回転式に改良する
  • イノシシ猟や料理や買取制度など推進する
  • オオカミ(外来種)を放って生態系のバランスを保つ
  • オオカミの尿が効く
  • 電柵の草刈りに人を雇う
  • 単管で柵を厳重に組む
  • イノシシの駆除

などが挙げられていました。

また、

  • 猟師が少ないのか?
  • 猟師が高齢化しているせいか?
  • 農家さんが楽をしようとしているだけでは?
  • 嫌ならやめれば?

などの意見もありました。

大切な国産米や国産野菜を守るためにも、みんなで協力して解決方法を見出したいですね。

・・・

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



『農家』に関するあなたへのおすすめ記事

野焼き農家の嫌がらせの内容がヤバい?話し合いは無理?苦情対策をまとめ

北海道・美瑛の踏み荒らしの対策や被害状況は?外国人観光客の数や画像などまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする