池上彰番組の制作スタッフは誰?制作会社や放送局や批判の理由は?

池上彰番組の制作スタッフは誰?制作会社や放送局や批判の理由は?

池上彰氏は、複雑化する社会問題やニュースなど専門知識がなければわからないような事をお茶の間でわかりやすく解説してくれるTV番組をいくつか持っていますね。

デリケートな話題も扱うので『賛否両論』あるのは仕方がないことですが、

だからこそテレビとしては

偏向的な意見を入れたり』『誤解を生んだり』するようなことがないよう

務めなければいけませんね。

池上彰さんの番組には当然ですが、

番組制作のスタッフが大勢関わっていることでしょうが、

番組の担い手として池上彰さん以外で『識者』や『助言者』という立場で、

番組自体には出演しないものの専門家を呼ぶことが多いそうです。

田中秀臣氏(上武大学ビジネス情報学部教授)は、

池上彰氏の番組制作スタッフの知識にはひどい偏りがあり、専門的な知識を軽く扱う様は嫌な思いが残った。専門家を使い捨て知続けるかぎり、MeToo運動のような社会問題が繰り返されるだろう

とライブドアブログに綴りました。

これに対してネットでは

番組はどこの制作会社でつくってる?』や

池上彰の番組って何チャンでやってるんだっけ?』や

池上彰の番組に対するMeToo運動とか批判の理由はなんなの?』と言われており

また『番組スタッフは誰なんだ?』という意見もありました。

そこで今回は

池上彰番組の制作スタッフは誰?制作会社や放送局や批判の理由は?

というテーマについて調べてまいりました。
<スポンサーリンク>



池上彰番組の批判の理由は意見を盗まれるから!?

池上彰氏の番組に対してはネットなどにたくさんの『賛否両論』がありますが、

批判の中心となる理由にはどんなものがあるのでしょうか?

池上彰番組が批判されている理由は

有識者が意見を池上彰氏の意見として盗まれそうになったこと』ということでした。

ネットジークによると、

評論家・八幡和郎(やわた かずお)氏はFacebookにて

池上彰氏の番組から取材の時のことを以下のように語っています。

池上彰の番組から取材が合ってさんざん時間を取らされたあと、
池上の番組の方針で番組では八幡さんの意見ではなく池上の意見として紹介しますがご了解いただけるでしょうか

と言われたので

断固、『私が言ったことを一切使ったりよく似たことを池上に言わせないように』と言って電話を切ったことがある

こんなのがジャーナリストのような顔をしているのはおかしい

という告発とも呼べる批判を残しました。

このことがネットで大きな反響を呼びましたが、

面白いのは『他の有識者も次々と告発を続けた』ことです。

ジャーナリスト・有本香(ありもとかおり)氏も以下のように続けました。

これは私も経験がある。今もそうなのね。(中略)
ご自身でロケに行かれたネタ以外は、

池上さんの番組はどの局でもだいたい同じ作り方じゃないかしら。

また、ウェルリンク株式会社の宮下研一(みやした けんいち)代表取締役

同じように言われたそうです。

ポイントとしては、

  • ディレクターが来て『あなたの意見を池上彰氏の意見として放送します。
  • それが『池上彰本人の方針です』という言い方をしていた

ということでした。

上記が本当なら池上彰氏の信用はガタ落ちですよね・・・。

以上が、『池上彰番組の批判の理由』についてでした。

続いて『池上彰番組の放送局』について書きましたので御覧ください!

池上彰番組の放送局は

池上彰さんが出演する番組はどの放送局で放送されているのでしょうか?

池上彰さんがレギュラー出演する番組と放送局を以下にまとめました。

  • メディアのめ(NHK Eテレ
  • 池上彰のニュースそうだったのか‼(テレビ朝日
  • グッド!モーニング(テレビ朝日
  • 日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く〜Walking through Modern History〜(テレビ東京

ということでした。

特番では『池上彰スペシャル』(フジテレビ)をはじめ、

TBSや日テレなど各キー局などにも出演されているようです。

以上が、『池上彰番組の放送局は』についてでした。

続いて『池上彰番組の制作会社』について書きましたので御覧ください!

<スポンサーリンク>



池上彰番組の制作会社は

テレビ番組は放送局だけでなく

制作会社のプロデューサー、ディレクター、放送作家などが

関わり合いながら作られますよね。

池上彰さん番組の制作会社はどこなのでしょうか。

調べてみますと、

  • THE WORKS
  • フナヤ
  • 森羅
  • ルック
  • ダイナマイトレボリューションカンパニー

という会社名があがりました。

THE WORKS』は『ZIP!』『幸せボンビーガール』『ナカイの窓』という番組が有名です。
ふなや』は『SmaSTATION!!』『おじゃマップ』などが有名ですね。
森羅』は『報道ステーション』『グッドモーニング』などの制作に携わっています。
ルック』は『直撃ライブグッディ』などの制作をしているそうです。
ダイナマイト』は『テレビ東京での池上彰番組』をほぼ全て担当しているようです。

番組制作会社にフォーカスすることってあんまりないですよね。

各社主要取引先で共通しているのは『テレビ朝日』でした。

テレビ東京』は5社中4社で『THE WORKS』『ふなや』『森羅』『ダイナマイト』に名前がありました。

NHK』は5社中3社に名前があり『ふなや』『ルック』『ダイナマイト』のみでした。

以上が、『池上彰番組の制作会社』についてでした。

最後に『専門家を使い捨てしている』と言われてしまっているスタッフは誰なのかということをお届けします。

池上彰番組の制作スタッフは

今回、田中秀臣氏がライブドアブログに綴った内容は

『スタッフの知識の偏り』『専門家の使い捨て』『専門知識に対する軽率さ』でした。

批判を受けている番組制作スタッフとは誰なのでしょうか?

池上彰さんが出演する番組の批判されているスタッフは『確証ある情報はありませんでした』ということでした。

調べてみたところ、『誰が「池上彰氏の方針で・・・」』と伝えているのかまではわかりませんでした。

さらに、番組スタッフとして名前がしっかりでているのは

池上彰のニュースそうだったのか‼』のみでした。

参考までに『ニュースそうだったのか‼』のスタッフリストをアップしておきます。

制作会社プロデューサーディレクター
THE WORKS丹波敦子、原田廣一前川譲、金丸恵理子
フナヤ-田中拓郎、藤野智宏
森羅藤山知己
ルック吉田茂博
その他AD・AP加納健一朗、久保木幹雄、松原孝二、中井翔太、吉倉瑞穂、菊地香織、加藤一郎、髙橋麻樹

多くの人が関わっているテレビ番組制作ですが、

これだけ多くの人が関わっていたとしても、

一般的に考えておかしな方針に疑問を呈することができないような閉鎖された関係性』があるのでしょうか。

以上が、『池上彰番組の制作スタッフ』についてでした。

まとめ

ということで今回は

池上彰番組の制作スタッフは誰?制作会社や放送局や批判の理由は?

について、書いてきました。

池上彰番組の批判の理由は『有識者が意見を池上彰氏の意見として盗まれそうになったこと』ということでした。

池上彰番組の放送局は、『現在池上彰氏がレギュラー番組を持っているのは『NHK』『テレビ朝日』『テレビ東京』でした。

池上彰番組の制作会社は『THE WORKS』『フナヤ』『森羅』『ルック』『ダイナマイトレボリューションカンパニー』でした。

池上彰番組の八幡和郎氏のところに向かった制作スタッフは『確証ある情報』はありませんですた。

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする