羽根田卓也(ハネタク)の彼女や結婚は?年収や性格と発言に不評も?

羽根田卓也(ハネタク)の彼女や結婚は?年収や性格と発言に不評も?
羽根田卓也さんは、カヌーの日本代表選手です。

羽根田卓也さんは、2016年8月のリオデジャネイロ・オリンピックでは3位に入賞し、カヌーでは日本人初の銅メダルを取った選手としても有名です。

<スポンサーリンク>



そんな羽根田卓也さんが『ハネタク』という愛称で親しまれているのは、男性として非常に魅力的なルックスを持ち合わせて居ることと、テレビ朝日系『マツコ&有吉の怒り新党』に出演した時に、マツコ・デラックスさんに『ハネタク』と名付けて貰った事が作用しているでしょう。

巷では、女性人気がじわじわ広がっている一方で、羽根田卓也さんについて未だわからないことが多い方もいらっしゃるはずです。

羽根田卓也さんは「可愛い」と女性に人気ですが、果たして彼女の存在や結婚歴などはどうなっているのでしょうか。

また、銅メダル獲得する磁力を持つカヌー選手としての羽根田卓也さんの年収や、実際どのような性格の持ち主なのかも気になるところです。

メディアやネットの一部では、羽根田卓也さんの発言に”不評”を呈し、”嫌われている”との情報もあります。

果たして、羽根田卓也さんの真実は?ということで色々と調べてみました!

羽根田卓也さんのプロフィール


◾名前:
羽根田卓也
◾生年月日:
1987年7月17日(30歳)
◾出身地:
愛知県豊田市
◾身長/体重:
175cm / 70kg
◾血液型:
O型
◾所属:
ミキハウス
◾特技:
スロバキア語

羽根田卓也さんは、所謂スポーツ一家である羽根田家の三兄弟の次男として生まれました。

羽根田卓也さんの父・羽根田邦彦さんは元々カヌー選手として活躍をしていました。

また、羽根田卓也さんのお兄さんである長兄・羽根田翔太郎さんもカヌー選手として活動しているそうです。

そんな父と兄の影響を受けて、カヌーをはじめた羽根田卓也さんでしたが、実は三兄弟の中で一番カヌーが嫌いだったという過去があります。

メダリストにしては意外ですが、羽根田卓也さんの父・羽根田邦彦さんは卓也さんにカヌーを続けさせるのは一番大変だったと言っています。

羽根田卓也さんは豊田市立衣丘小学校に入学し、7歳から器械体操をはじめ、小学4年生になってカヌーをはじめました。

そのまま豊田市立朝日丘中学校に進学し、高校はカヌー部がある杜若高等学校に進学しました。

高校進学後は一気に才能を開花し、高校3年生で日本選手権を制覇してしまいます。

卒業後は、カヌー競技が盛んなスロバキアのコメンスキー大学体育スポーツ学部に入学し、同大学の大学院まで修了するという長きにわたるスロバキア生活に入りました。

スロバキア進学について父・邦彦さんは以下のように語っています。

高校を卒業してから訳が分からないままスロバキアに単身で送りこんだ。親として無責任なことをしたと思っていたが、結果的によかった。

羽根田卓也さんにとっても父・邦彦さんにとってもスロバキア留学は未知そのものだったといいます。

しかし、本当の苦難はスロバキアで修行したその後にやってきました。

カヌーという日本ではマイナーな競技に、スポンサーが簡単には見つからないという壁が発生しました。

北京五輪14位、ロンドン五輪7位の好成績でしたが、海外に行こうが大会で優勝しようが日本では賞金が1円も出なかったのです。

ですから、羽根田卓也さん・・・いや羽根田家は本当に資金難と戦ってきた苦労の歴史があるのでした。

自分の手で履歴書を書き、何社にも手紙を書いてスポンサー依頼をする日々だったのです。

しかし、そんな日々の中に一筋の光・・・現在所属している「ミキハウス」が名乗りを挙げました。

そして、2014年の世界選手権で5位、同年のアジア大会では金メダル、2015年の五輪テスト大会では銀メダル、2016年ワールドカップでは日本人初の3位の好成績を納め、その後、リオデジャネイロ・オリンピックで銅メダルを勝ち取りました。

羽根田卓也(ハネタク)の彼女や結婚は?年収や性格と発言に不評も?
(写真:リオ五輪でアジア勢初の銅メダルに泣き崩れる羽根田卓也選手)

このような経歴を持つ羽根田卓也さんは、自身への努力もそうですが、ご家族の愛の集大成とも言える人物なのです。

羽根田卓也さんの性格

羽根田卓也さんは柳沢慎吾さんや小藪千豊さんなどが好きだそうです。

さらっとトンチを効かせた発言などの笑いにも弱いと言います。

結構なお笑い好きみたいですね!

父・邦彦さんによると、「弱音を吐かない。甘えないし性格的にも強い」と言います。

羽根田卓也さんは三人兄弟の真ん中っ子ですから、アドラー心理学的に中間子(上にも下にも兄弟がいる人)は競争的な性格になると言われています。

兄や姉よりも優れ、弟や妹をかき分け『親の愛を得る』ために諦めない性格です。

何故なら、生まれた時から愛が半分で、末っ子のように甘やかしてはくれない現実を握りしめているからです。

そして、その想いはいつしか「世の中の不正・不公平」と自分は戦わなければいけないんだ!と思うようになると言います。

<スポンサーリンク>



真ん中っ子は、「比べられるのに慣れていて」「立ち直りが早く」「どんな環境にもスッと順応し」「注目を浴びるための秘策をたくさん持つ面白い人で」「人一倍頭を使って」「欲しいものは何が何でも手に入れる欲求を持つが」「人に褒められたいわけじゃない・・・自分で自分を認める」人です。

羽根田卓也さんの年収

羽根田卓也さん過去は、カヌーという日本ではあまり馴染みのない競技故に、優勝しても賞金はもらえず、長らくスポンサーすら見つからない状況の中、オリンピックや大会や遠征なども実費で過ごし、資金難と直面しながら戦ってきたアスリートです。

そんな彼のニックネームは

エコロジー・タクヤ

このように、世界の選手からの皮肉や煽りも入ったニックネームで呼ばれていました。

何故なら、カヌー選手は最低でも1年に1艇はカヌーを買い換えると言いますが、その値段はスロバキアで20万円日本では30万円とのことでした。

五輪選手の中でも、羽根田卓也さんは資金問題があり、お金を殆ど使わずに大事に道具を扱ってきたと言います。

もちろん、悔しさをバネに頑張ったということを発言していますが、それくらい資金難と戦っているということです。

しかしながら、現在はクラブ「ミキハウス」に所属し、テレビに出演したり、雑誌やネットの取材にも応じ、どんどん人気が増している羽根田卓也さんですが、一体いくらくらい稼ぐようになったのでしょうか?

ミキハウス」の2018年現在の平均年収が大体330万円くらいです。

恐らく、一般待遇で業務は全部免除で、オリンピックメダリストの優遇が有りきでも良いところ450万円〜550万円というところでしょうか。

国内大会・アジア大会レベルで優勝すれば20万円前後オリンピックであれば優勝100万円、準優勝50万円3位で30万円の賞金支給があると言われています。

これにプラスして、テレビや雑誌などのインタビューを付け加えると羽根田卓也さんの年収は大体600万円〜700万円という数字が出てきます。

多いか少ないか、感じ方は様々あると思いますが・・・個人的にはもう少しあげたいと思うのでした。

羽根田卓也さんに彼女はいる?結婚している?

羽根田卓也(ハネタク)の彼女や結婚は?年収や性格と発言に不評も?
(写真:スロバキアのテレビに出演した羽根田卓也さん)

羽根田卓也さんは、日本の1流アスリートで紛れもないイケメンであることは写真からもわかります。

しかも、オリンピックという世界の舞台で輝いた選手ですから、女性ファンは日本だけでなく世界規模と考えたほうが良いでしょう。

また、彼の活動拠点はスロバキア・・・中央ヨーロッパということになりますので、むしろ日本の女性とはほとんど出会いがないのかなと思います。

現在、羽根田卓也さんは、結婚どころか彼女の情報も出てきません。

しかし、過去にはスロバキアの女性と交際していたと自ら発言もしていました。

またある時は、彼女はキャビン・アテンダント(CA)だという噂もありましたが、噂のままでした。

2017年の1月では「彼女募集中です!」と公言していましたが、あれから1年以上たち、テレビでもお茶の間でだいぶ目にするようになりましたので、もしかしたら密かに想いを寄せる女性がいるかもしれません。

というか「募集」に対して「応募者」が溢れているでしょうw

そんな羽根田卓也さんにピッタリ相性なのは、同じ「真ん中っ子女子」です。

アドラー心理学によると「真ん中っ子の理解者は真ん中っ子意外有り得ない」のだそうです!

羽根田卓也さんの発言に不評

努力家で、苦労人の羽根田卓也さんですが、最近その発言に不評を呈するネットの声があります。

なんでも「東京五輪」についての羽根田卓也さんの発言が、物議を呼んでいるそうです。

東京五輪の種目である「カヌー・スプリント会場」が費用などの現実問題を抱えており、埼玉県が宮城県で行うことが代替案で上がっているのですが、そのことに対して、

「難しい問題は分かりませんが、いち選手として言うなら、東京五輪なのに会場が東京と違うなら寂しい。絶対にイヤだと思う。ぜひ、東京でやれれば。こういう問題で揺れるのは選手にとって望ましくない」

と発言したことに怒りを覚える人がいるのだと言います。

「海の森水上競技場」は、当初予算の7倍に膨れ上がり491億円の建設費が掛かり、これに対して『税金の無駄遣いだ!』という声が一部の人から上がっています。

気持ちはわかりますが、『無駄にはしてないんじゃないの?他に無駄にしているところにくらべれば』という声もあります。

それにしたって『一人の人間としての1意見を言ったまで』というのをスルーできない人が多すぎる気がします。

何か別の被害妄想に陥っている気がしてなりません。

『東京五輪』って言ってるんだから『東京でやりたい!』って言うのは自然です。

東京五輪というのは、出場選手にとっては「ホームグラウンド」という意味もありますが、「日本の意地」を見せる場として「日本の首都で戦う事」に特別な意気込みをもっているという風に感じてます。

もちろん、スポーツに何の興味もなく、”栄光なんかよりも実益と金、税金を使うこと事態が嫌だ”という考え方の方もいらっしゃると思いますが、もしそうでも正解でも間違えでもないと思います。

ただ一つ言えるのは、「正しさの主張」は「敵を生む」ということです。

羽根田卓也さんまとめ

羽根田卓也さんには彼女がいるかわかりませんでした。

いるかも知れませんし、居ないかも知れませんが、結婚をしていないことは事実です。

ただし、日本女性との接点が少なめになのかなというのはポイントになってくるでしょう!

年収は600万円〜700万円くらいがいい線でしょう。

性格は、真ん中っ子根性です!怒りや逆境をバネに強く突き進む性格です!

羽根田卓也さんの発言に好き嫌いはあれど、「悪いこと」を言ったとはSketchは思いません。

彼らしい自然体のメッセージだったと思います。

羽根田卓也さんには、まだまだこれからもたくさん戦って、好成績をどんどん出してほしいですね!

そして、素敵な伴侶が見つかることをお祈りしています!

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする