ガレッジセール川田の病気の症状と原因や後遺症は?急性肺塞栓症とは?

ガレッジセール川田の病気の症状と原因や後遺症は?急性肺塞栓症とは?

<スポンサーリンク>



ガレッジセールの川田広樹さんは『急性肺塞栓症』(きゅうせいはいそくせんしょう)という病気に掛かっていて、療養生活を経て、6月23日に復帰することができました。

以前はテレビをつければ、ガレッジセールのゴリさん、川田さんどちらかは番組に出演しているという状況でしたが、最近はめっきり見かけなくなっていました。

もしかすると、この川田広樹さんの『急性肺塞栓症』が関わっているのでしょうか?

そして気になるのが、この『急性肺塞栓症』の症状や、その治療法も去ることながら、後遺症やはたまた余命宣告などの心配はないのか?という点です。

また、川田広樹さんだけでなく、我々自身もこの病気を予防する為にも、この病気の原因を知っておきたいところです。

ということで今回は『急性肺塞栓症』について川田広樹さんの今後についてまとめてみました。

<関連リンク>

【芸能人の病気関連記事】矢方美紀は癌を克服した?気になる余命や、支えになる彼氏や結婚は?

【後遺症にめげない】矢方美紀は癌を克服した?気になる余命や、支えになる彼氏や結婚は?

世の中には数知れぬ病気が存在していますが、「少しおかしいな」と思った頃には「もう遅い」なんて病気も存在しています。

果たしてガレッジセール・川田広樹さんは、大丈夫なのでしょうか?

症状や治療法や後遺症はないのか調べてみました。

急性肺塞栓症とは?

川田さんが今回患った急性肺塞栓症とは、別名エコノミークラス症候群とも呼ばれています。

この病気は血管を流れる血液が、なんらかの理由により塊になってしまうことからはじまります。

その塊が血管の中で押されて流れて、肺動脈まで運ばれます。

肺は酸素を吸い込むと生命に必要な酸素を血液に乗せて全身へ運ぶ機能があります。

しかし、その要となる肺動脈を流れてきた血栓(血の塊)が塞いでしまうことで『肺塞栓症』という病気になってしまいます。

この病気は、『急性心筋梗塞』よりも死亡率が高いです。

このように非常に恐ろしい病気として知られる『急性肺塞栓症』ですが、ガレッジセール川田さんは何が原因でこのような病気に掛かってしまったのでしょうか。

急性肺塞栓症の原因は?

ガレッジセール川田さんは、タバコが原因で『急性肺塞栓症』に掛かってしまったとネットでは噂されています。

しかしながら、本当の原因までは川田広樹さんからは言及されておりません。

そこで、どのようなケースで急性肺塞栓症になってしまうのか調べてみました。

ケース1:エコノミークラス症候群

この急性肺塞栓症は、別名「エコノミークラス症候群」と呼ばれていますが、これはもちろん「飛行機の中で一番安くて狭い座席」という意味のエコノミークラスを指します。

エコノミークラスの席は狭いので身体を少し縮こませるような格好になりがちになり、これにより体全体の血流自体が悪くなることにより、(特に血流が悪くなりがちな)脚の血管で血栓が作られることが多いです。

血栓は飛行機の中で長時間座ったりした後の、「到着」や「トイレ」と言った「立ち上がりの動作」時に一気に肺動脈へ運ばれ「肺塞栓症」を発症するそうです。

しかしながら、この呼び名はしばしば誤解を与えてしまいます。

エコノミークラス症候群は、エコノミークラスでの発症率が高いというだけであり、2002年にはエコノミークラスより広いスペースの座席であるビジネスクラスに乗っていた当時のサッカー日本代表・高原直泰選手が発症しました。

幸い命に別状はなかったものの、ファーストクラスでも、列車やバスでも、はたまた長距離のトラック運転手、タクシー運転手でも『同じ姿勢で長時間居る』と発症してしまうのです。

我が国、日本では度重なる地震による被害で、「車中泊」を余儀なくされる避難民の中からも死亡者が出ています。

また、日常生活の中でデスクワークが多い方も同じ姿勢を長時間とることが多いので、注意が必要です。

日本人が絶対に知っておかなければならない常識の一つとして、今回この知識をお届けしたいと思います。

しかし、どうしても自分では身体を動かせない場合というのがあります。

それが次のケースです。

<スポンサーリンク>



ケース2:発症者の半分は入院中の人

肺塞栓症は長時間同じ姿勢でいることが危険だと学びましたが、当然『入院中はベッドから出られないじゃん!』という声が聞こえてくると思います。

実は、肺塞栓症の発症者の半分は入院中の方だそうです。

特に、3〜4日以上寝たきりだと非常にリスクが増加していきます。

やはりこのケースも脚を動かせないことが原因で、脚の静脈に血栓が形成されやすく、『元気になって歩きはじめた時』に肺塞栓症を発症してしまう例が多いそうです。

ですから、そういった患者さんには「抗血液凝固剤」を点滴する事が多いです。

「抗血液凝固剤」は血管の凝固(固まること)が起こり難くする薬です。

しかし、別の怪我や出血がある場合は、傷口が塞がりにくくなってしまうので、この薬は使えません。

寝たきりの方をお見舞いする場合は、必ず看護師さんに確認をとってからですが、少し手足を動かしてあげることも必要になります。

次は、噂になっているタバコなどの因果関係についてです。

タバコ・酒・肥満などの要因は?

今回噂されているガレッジセール川田さんが喫煙者であるから『肺塞栓症』を発症したという点ですが、結論から言いますと、関連は証明されておりません。

また、飲酒など一見リスクがありそうですが、こちらも関連は証明されておりません。

高血圧、高脂血症、糖尿病についても、原因かどうかまでは、話し合いに決着がついていないのが現状だそうです。

そもそも、ガレッジセール川田さんが喫煙者であるとの確たる証拠も出てきてませんが、喫煙者だとしても直接の因果関係かわからないそうです。

しかし、高齢であればあるほど、また、肥満であればあるほど、発症しやすいというデータが出ているのは事実です。

BMI値(体重【kg】÷身長【m】の二乗)が25以上の人が肺塞栓症になるリスクは、入院している方の約1.4倍、エコノミークラスで旅行する人の約32倍になります。

年齢別で見ますと、40代前半から徐々に死亡率が上がりますが、80代では約15倍以上の死亡リスクがあります。

データから見ても、割とだれでも発症してしまう可能性があるので、本当に注意が必要ですね。

この肺塞栓症は名前の響きもすごく辛そうなイメージですが、一体どのような症状があるのでしょうか。

急性肺塞栓症の症状は?

ガレッジセール川田さんが最初に感じた症状は、肺塞栓症の他の患者さんと同じく『呼吸困難』でしょう。

『息苦しさ』は、通常の歩行や階段の上り下りなどは、途中で動けなくなるほどだと言います。

また、息を吸う時と吐く時に一緒に胸が痛くなります。

この胸痛については、肺塞栓症以外の病気でも起こり得る症状ですが、胸痛が6分〜10分以上続く場合は直ちに119番することをおすすめ致します。

また、そもそも失神してしまったり、動悸がする患者さんは、発症した人の5人に1人いるそうです。

息切れと胸痛がした場合は、意識があるうちに異変を周囲に知らせることが重要ですね。

しかしながら、このような恐ろしい急性肺塞栓症は、後遺症などが残る可能性があるのでしょうか?

急性肺塞栓症の後遺症は?

肺塞栓症は、呼吸困難を引き起こしますが・・・つまり生命維持に必要な酸素の供給が一時的に断たれる事による後遺症はどのようなものがあるのでしょうか。

酸素供給が断たれたことで一番ダメージを受けるのはなんと言っても『』です。

『脳』は身体全体のうち2%の質量しかありませんが、酸素消費量は全臓器のうち1位で、人間が一日に必要な酸素のうち25%以上を消費する臓器です。

脳と一口に行っても、前頭葉、後頭葉、大脳皮質、大脳辺縁系、小脳、海馬、脳幹などが左脳右脳とにわかれて、皆さんの身体の全ての指示系統を担っています。

脳に酸素が不足し、脳のどこか一部でも損傷すれば、感覚が無くなってしまったり、身体が動かなくなってしまったり、はたまた昏睡状態のままになってしまうなど、どんな後遺症が残るかわからないのが一番恐いです。

また、脳は一回でも傷つけると、将来その部分を焦点にして、脳症が起こるリスクも上がってしまいます。

ガレッジセール川田さんの情報では、今回後遺症の情報については見つかりませんでしたが、どんな後遺症が残ってもおかしくないような状況であったということには、間違いはないでしょう。

急性肺塞栓症まとめ

ガレッジセール川田さんが患った急性肺塞栓症はとても恐ろしく、しかも健康な人でも誰でも突然なる可能性がある病気です。

このような病気は予防するのが一番です。

それにはまず、同じ姿勢を取り続けることを辞めたり、拒否をしたりすることがスタートです。

また、病院で自分の血液の凝固性質を調べ、未然に抗・血液凝固剤を投与することもできるそうです。

ただし、それでも急性肺塞栓症になってしまったら、意識がある内に素早く周りに異変を知らせること、一人にならないことが大事です。

呼吸困難はとても苦しいだけでなく、重大な障害を残すハイリスクな症状であるということを胸に刻んでいただければと思います。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする