豚コレラの症状や致死率と発生場所は?感染経路と流通の可能性は?

豚コレラの症状や致死率と発生場所は?感染経路と流通の可能性は?

岐阜県岐阜市の養豚場で家畜伝染病の『豚コレラ』という病気が見つかりましたね。

コレラ』というと腹痛や下痢で苦しむイメージをしてしまいますが、食肉である豚にコレラが感染したとなると、人への影響が気になります。

しかし、この岐阜市の養豚場の業者は、豚コレラと診断される前とはいえ、同じ養豚場で育った豚を肥料化する施設に持ち込んでいました。

これに対してネットでは『闇で、このような豚が流通していないことを願う』や『人が食べたらどうなるの?死ぬの?』や『岐阜市のどこで発生したの?なんで岐阜なの?』と言われており

また『またひとつ食品への不安が増えた』という意見もありました。

そこで今回は『豚コレラの症状や致死率と発生場所は?感染経路と流通の可能性は?』というテーマについて調べてまいりました。
<スポンサーリンク>



豚コレラの症状や致死率は

それでは、気になる『豚コレラ』について見ていきましょう。

名前だけで怖くなる響きですが、果たしてその症状や致死率はいかがなものなんでしょうか。

調べてみましたが、『豚コレラ』に人が感染することはありません。

名前から見ると、知らなかった方は意外ですよね!!

ですから、症状としては『感染なしなので症状もなし』ということでした。

しかし、家畜である豚は『豚コレラ』で高い確率で、死んでしまうということでした。

豚に感染するウィルスなので、人の『コレラ』とは名前は似ていますが違うウィルスです。

このウィルスは『』だけでなく『イノシシ』にも感染するということでした。

この『豚コレラウィルス』に感染した豚・イノシシは、41度まで発熱し、うずくまりなどが起こり、白血球が減少するなどした後に、20〜30日ほどで死亡してしまうのだそうです。

治療は現在見つかっていません。

感染方法は、接触や鼻汁などの体液、糞など排泄物が付着したり、飛沫することで感染するそうです。

これが、『人にも伝染る』なんてことになっていたら大変ですよね。

動物感染症』で『人にも影響がある病気』としては、『狂牛病
』や『鳥インフルエンザ』などが有名ですよね。

狂牛病』は、感染した牛の『脳の中にスポンジ状の空洞ができて牛が死に至る感染症』で、狂牛病に掛かった牛を人が食べると『クロイツフェルト・ヤコブ病』となってしまいます。

クロイツフェルト・ヤコブ病』は、狂牛病の人間版となっており、『脳がスポンジ状に空洞が出来て2日以内に死亡する』恐ろしい病気でした。

また、『鳥インフルエンザ』は、『人に感染する可能性は低いものの、その前例があり、人に感染する用に変異することが懸念されている』ということでした。

上記の類似病に比べて、『豚コレラ』は『直接的な被害』はないものの、感染が広がれば、最悪『豚肉が地上から消えて、豚肉が食べられなくなる』という関節的な被害も考えられます。

ですから、他人事ではすまされないのですね。

以上が、『豚コレラの症状や致死率』についてでした。

続いて気になるのは、『豚コレラがどこからきて、どこで悪さをしているのか』だと思います。

次項にまとめてみましたので、お進みください。

豚コレラの発生場所は

今回『豚コレラ』が猛威を奮ったのは、岐阜県岐阜市ということでした。
果たして、『豚コレラ』はどこからきているのでしょうか?

調べてみたところ『豚コレラ』は、『中国や東南アジア』が発生場所と言われているそうです。

また、農林水産省によると、2016年6月29日には、『韓国家畜衛生当局』より、豚コレラの発生が確認されたという情報提供があったとのことです。

現在の発生国は以下の様になってます。

豚コレラの症状や致死率と発生場所は?感染経路と流通の可能性は?
先にも上げた類似病としては、『狂牛病』は『ヨーロッパ』からと言われており、『鳥インフルエンザ』は『全世界』からと言われており、日本で最初に観測されたのが『1924年』だそうです。
以上が、『豚コレラの発生場所』についてでした。

続いて、『岐阜県岐阜市』で発生した『豚コレラ』がどのようにして日本の家畜に感染したのかを調べてみました。

<スポンサーリンク>



豚コレラの感染経路は

豚コレラ』はどんな経路で、日本に上陸し、その魔の手を広げたのでしょうか。

調査してみると、豚コレラの日本への感染経路は『海外豚の輸入や旅行者の身体に付着していたものが感染する』ということでした。

豚コレラが日本に上陸したのは、1992年以来の26年ぶりだそうです。

感染経路としては、『中国や東南アジア産の養豚を輸入』したり、『中国や東南アジアを訪問した人やその人の衣服、靴』などに付着していて、それが家畜に伝染るというのが一般的な感染経路になります。

以下は農林水産省の警告文です。

  • 中国や東南アジアの国々は、口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ、豚コレラなどの悪性伝染病の発生国であり、我が国はこれらの国からの動物及びそれに由来する肉の輸入を、原則として、禁止しています。

  • これまでもお願いしてきましたが、畜産に関係する仕事に従事している方々が、これらの国々を訪問した際には、家畜を飼育している農場などへの立ち入りは極力避けるようにしてください。また、やむを得ず農場などの畜産関連施設へ立ち入ったり、家畜に接触した場合には、病原体が人や物に付着しているおそれがありますので、帰国時に動物検疫所のカウンターにお立ち寄りください。我が国への病気の侵入を防止するため、皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。

類似例である『狂牛病』の感染経路は『牛に飼料として与えた汚染肉骨粉』ということでした。

また、『鳥インフルエンザ』については『A型インフルエンザ』ということでした。

どの感染症も感染経路を特定し、対策を練ったとしても、完全に防ぎ切ることは、現在では難しいのでしょうね。

豚コレラ肉が流通している可能性は

豚コレラに感染した豚は、『ほぼ必ず』で死んでしまうので、養豚所を営んでいる人々にしてみれば大赤字ですし、『できたらお金になる処分方法を選択したい』や『豚コレラを隠蔽して売りさばきたい』という感情が出てくるかもしれません。

そのような業者は許されませんが、本当に大丈夫なのでしょうか?

豚コレラ感染の豚肉の流通については、『限定的な影響で、全国規模の懸念は無い』ということでした。

日経新聞によると、岐阜県で発生した豚コレラですが、岐阜県での豚の生産規模は小さく、市場に出回ることはないとのことでした。

岐阜県庁畜産課によると養豚家の数は、岐阜県に40戸ほどありますが、これは全国の養豚所の1%にも満たない数だそうです。

ですから、『相当運が良くないと豚コレラ肉は食べれない』という状況なので、
安心してよろしいかとおもいます。

以上が、『豚コレラ肉が流通している可能性』についてでした。

まとめ

ということで今回は『豚コレラの症状や致死率と発生場所は?感染経路と流通の可能性は?』について、書いてきました。

豚コレラの症状や致死率は、豚はほぼ100%で、治療方法もなしだが、人に伝染ることはないので、本当によかったです。

豚コレラの発生場所は、『中国・東南アジア』と言われています。

豚コレラの感染経路は、中国・東南アジアなでに旅行にいったりした時に一緒に身体や靴にウィルスを付着させt日本に帰ってきたり、海外豚を輸入したりする方法があります。

豚コレラが流通している可能性は、かぎりなく低いです。安心してください。

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする