BankPayの仕組みとメリットやデメリットは?導入する経緯・理由をまとめ

BankPayの仕組みとメリットやデメリットは?導入する経緯・理由をまとめ

メガバンク3社の三菱UFJ、三井住友、みずほ銀行は、
現金を不要とするキャッシュレス化を推進するそうです。

その内容はQRコードを利用した決済を可能にする『BankPay』という規格です。
メガバンク3社はこの『BankPay』を新統一規格として合意し、2019年には実用化の予定だと言います。

これに対してネットでは『BankPayってどんな仕組みなの?』や『メリットあるのかよ』や『なんかひっかかるなぁ』と言われており

また『どうしてBankPayをつくるんだろう?』という意見もありました。

そこで今回は『BankPayの仕組みとメリットやデメリットは?導入する経緯・理由をまとめ
というテーマについて調べてまいりました。
<スポンサーリンク>



BankPayの仕組み

まず、『BankPay』とは何か?というお話ですよね。

BankPayとは『買い物をする時に店頭でQRコードをかざすと買い物ができる仕組み』ということでした。

コリエンテドットトップ”によると、

メガバンク3社は全国の小売店などの店舗にQRコードの読み取り機を置いて、

買い物で支払われる額を直接銀行口座から

引き落とすことが可能になるシステムを導入するそうです。

要は、『デビットカードのQRコード版』という解釈で合っていると思いますが、

デビットカードとの違いは『モバイル(スマホ)決済』を可能にした点ですね。

これにより小売店も銀行も業務効率があがるという考えですね。

事例としては、『横浜銀行』が『はまPay』サービスを既に運用中で、

ゆうちょ銀行』が『ゆうちょPay』を発表するなどしていますが、

基本的に要点は同じです。

以上が、『BankPayの仕組み』についてでした。

続いて『BankPayのメリット』について書きましたので御覧ください!

BankPayのメリット

BankPayの仕組みとメリットやデメリットは?導入する経緯・理由をまとめ

2019年に実装予定のBankPayですが、どのようなメリットがあるのかまとめてみました。

BankPayの消費者にとってのメリットは『利便性の向上』ということでした。

LINE Pay』や『楽天ペイ』など、

スマホひとつで財布を持ち歩かなくて済むので

荷物も軽くなりますし、

お金を出す手間も省かれるので『時間短縮』効果があります。

また、BankPayは消費者だけでなく小売店にもメリットがあります。

小売店がBankPayを導入するメリットは『お買い上げのデータ化』という点です。

小売店がBankPayでお客さんからお金を受け取ると『売上¥〇〇-』とデータ化されますが、

レジの中のお金を数えたり、金庫のお金を数える手間』が省けます。

さらに、『現金がないということは、盗まれたり、強盗される心配もない』ということなのです。

小売店での万引きの年間被害額は『4000億円』と言われており、

1日に換算すると『日に10億円以上万引きされている』ことになります。

万引きは被害は『商品を盗まれる』だけでなく

従業員によりお金自体を盗まれた』りするものなので、

現金なしのデータ化は万引き被害額に大きな効果』を与えるでしょうね。

他にもメリットはたくさんあります。

  • お札や硬貨をつくるコストを使わなくて済む
  • 脱税の防止
  • 履歴が簡単にチェックできる。

ということでした。

以上が、『BankPayのメリット』についてでした。

この世界はなぜか『良いことと悪いことがセット』でやってくるものです。

続いて『BankPayのデメリット』について書きましたので御覧ください!

<スポンサーリンク>



BankPayのデメリット

それでは『BankPayのデメリット』はどんなものがあるのでしょうか?

調べたところ、BankPayの消費者デメリットは以下ということでした。

  1. 『電子マネー』なので『災害時など電気が止まったら使えない』
  2. 『読み取り機』が置いていない場所では現金になる
  3. 使いすぎてしまう。

1と2については、考えればわかることですが、

使いすぎてしまうのは何故』でしょうか。

シェアーズカフェ・オンラインによると、

電子マネー』を使って買い物をする場合と『現金』を使って買い物する場合では、

電子マネーのほうが使いすぎてしまう傾向にある』ということでした。

理由は単純に『決済がスマートすぎるので「身銭を切る感覚」が薄くなるため』ということでした。

心理学的にも『数字を見て使いすぎか確認』するのと『実際のお金を手で触れて数えて確認』するのを比べると、前者は現実逃避してしまうそうです。

事例としては、『体重を知るのが怖くて体重計に乗れない』と漏らしている人がいますが、

これがまさしく『現実逃避』です。

ですから『いくら使ったか見るのが恐いから明細や履歴を見れない』という人が続出する可能性がありますね。

以上が、『BankPayのデメリット』についてでした。

続いて『BankPayを導入する経緯・理由』について書きましたので御覧ください!

BankPayを導入する経緯・理由は

そもそも銀行はどうして『BankPay』を導入したいのでしょうか?

調査によると、メガバンク各社は『BankPay』を導入したがる理由は『小売店からの手数料確保』と『AIスコア・レンディング』ということでした。

ゼロ金利時代に突入した銀行は利益確保が難しくなってきているといいますね。

  • ATMの維持費が高い
  • クレジットカードの利用率が『LINE Pay』を始めとした簡易決済サービスに流れてしまっている

銀行は『手数料』で食べているわけですが、
クレジットカードの分割払い・リボ払い等の手数料』なども大きな収益でした。

にもかかわらず、シェアが落ちてきているのが現状のようです。

そこで『BankPay』を普及させることで以下の売上を得たいと考えました。

  • 『BankPay』加盟店からの手数料
  • 『BankPayを通して売上情報などを把握』し、『AIにより最適化したお金の貸付』による手数料
  • 不良債権が減少する

ということです。

銀行は今まで『他人の口座情報を見て、金融商品の営業など』をしていましたが、

今度は『経営状態をまるまる把握』しようとしているのでした。

これにより『リスクの高い貸付を回避』することができるので

不良債権を減らし、収益率を上げよう』としているのですね~

以上が、『BankPayを導入する経緯・理由』についてでした。

まとめ

ということで今回は『BankPayの仕組みとメリットやデメリットは?導入する経緯・理由をまとめ』について、書いてきました。

BankPayの仕組みは、スマホなどで表示する『QRコード版デビットカード』です!

BankPayのメリットは『買い物が楽』『現金盗まれない』『脱税防止』『時間短縮』『履歴参照が容易い』等があります。

BankPayのデメリットは『使いすぎてしまう』『電気が止まったら使用不可』『専用の機械なしでは使えない・加盟店以外決済できない』等です。

BankPayを導入する経緯・理由は、『新たな利益の確保として、加盟店からの手数料と店舗の売上情報を取得することで「不良債権リスクのある貸付を避ける機能』があることなどです。

ということでした。

今後の展開がどうなるのかも気になりますね。
この後も動きがあれば、調べていきたいとおもいます!

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする