ペコロスを家庭菜園で作る?!簡単に作れるのか?難しいのか?

ペコロスとは


ペコロスとは、
直径が3〜4センチくらいの球体をしている
小さな玉ねぎです。
別名「ミニ玉ねぎ」とも呼ばれています。

<スポンサーリンク>



ペコロスは普通の玉ねぎと同じ品種ですが、
植える時におとなり同志を近く密集させると
小さな可愛い玉ねぎが出来ます。
愛知県の特産品として有名です。

ペコロスの栄養価・調理方法は?

ペコロスと玉ねぎ、栄養価の違い

ペコロスは、黄玉ねぎと呼ばれる
普通の一般的な玉ねぎを
ただ小さくミニチュアにしただけなので、
普通の玉ねぎと栄養価は一緒です。
しかしながら、
その見た目の可愛さや、
丸ごと一つ口に放り込めるという
食感の特徴は、
料理にインパクトを付け加えるには
もってこいかもしれません!
勿論、玉ねぎ好きなら、めっちゃ美味しいです!
蛇足ですが、ペットには絶対に玉ねぎを挙げてはいけません!

ペコロスの調理例

<スポンサーリンク>




筆者はペコロスを食べる時に以下のような調理方法をとります。
ざーーーくり説明します笑

オススメ1:手間が最低限!丸ごとコンソメスープ

ペコロスの皮をむいてを水、コンソメ、白ワインでグツグツ。
最後にパセリでアクセント、ペッパーでスパイシーに
丸ごとペコロススープの完成です。

オススメ2:皮ごとオーブン焼き

ペコロスの頭に、包丁で十字に裂け目を入れて
オーブン(トースターでも可)でこんがり焼きます。
じゃがバタみたいに、十字の裂け目にバターを置いて
ポン酢をかけて召し上がってください。

オススメ3:ペコロス炒め

皮を剥いたペコロスを
油を敷いて温めたフライパンにINさせます。
少し白ワインを加えて、
あとは塩胡椒でもOKですし、
焼肉のたれをかけても美味しいです。
味付けせずお皿に盛ってからポン酢もGOODです。

ペコロスを自家栽培したい

美味しい美味しいペコロスですが、
家庭菜園で収穫は可能なのでしょうか。

プランターで十分!種まき時期と温度だけ

種まき時期は3月が良いと思います!
割と涼しい時期から種まきするのがポイントです!
種まきしてから、2〜3週間で発芽しますが、
発芽のタイミングが20度前後が理想です。
勿論、外にプランターを置いて構いません。
収穫は7月ごろになると思います!

3月初旬ごろ

①:プランターに鉢底石を敷いて
培養土を入れます。

②:プランターに横溝を何列か作り、
種を1〜2センチ間隔で巻きます。
土を少しだけ被せます。

③:芽が出て葉が5センチくらいになったら
適当に間引きをして、
隣同士が3センチくらいずつ離れるようにします。

④:葉が8センチくらいまで伸びたら
もう一度間引きします。
5センチか6センチくらいにお隣同志の間隔を開けるように!

⑤:水やりは表面土が乾いたらたっぷり水をあげます。
肥料は3週間に一回で十分です!

⑥:土表面に出ている葉っぱが
へなへなっと枯れてきたら収穫の時期です!

スペースは取らないけど、やっぱり毎日見てあげる必要がある

さて、ざっくり説明しましたが、
だいたいこんなもんで家庭菜園することができます。
筆者はあんまり細かい性格ではないので
テキトーな感じでも収穫できました。

しかしながら、
「愛情」はもっていました。
不思議と可愛くなってくるんですねぇ、
植物というのは不思議です。

簡単と感じるか、難しいと感じるかは
正直人それぞれかと思いますが、

日常のエッセンスとして
ペコロス栽培を加えることは
ちょっとした人生の変化ですが、
楽しいし、発見があると思いますので
是非おすすめいたします!

最後まで読んでくださりありがとうございました!
皆様の健やかな人生を応援しています!
<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする