コーヒー、若返りを最大限に!何杯飲めば良いのでしょうか?

目次
・コーヒーで若返る?コーヒーの効果とは
・コーヒーの成分と効果
・コーヒーの用法用量は?
・良いものには裏もある!注意点は?
・まとめ

コーヒーで若返る?コーヒーの効果とは

近年、コーヒーを飲むことは健康・美容のどちらの面でも
ある一定の良い効果があり、若返り・アンチエイジングに役立つとされています。

<スポンサーリンク>



その効果は寿命にも及び、若返り=長生きにも繋がるそうです。
もともと、コーヒーは「薬」として世界に伝来したと言われています。

コーヒーの効果成分と効能

コーヒーの若返り効果はどのような成分が起因となり、
また、どんな効果があるので若返っていくのでしょうか。
調べてみました。

カフェイン

疲労回復・・・眠気が取れます、体がスッキリ軽くなります。
集中力増強・・・頭がスッキリして、思考も落ち着きを取り戻します。
解熱・解毒作用・・・頭痛薬がわりに

利尿作用・・・例えば、お酒の飲み過ぎても、アルコールをどんどん排出できます。

脂肪分解作用・・・リパーゼ(脂肪分解酵素)の活性化により痩せる!?

抗酸化作用・・・美肌に!この効果により肌のシミが消える

強心作用・・・「心」が強くなるのではなく「心筋」が強くなるので運動能力UP

クロロゲン酸(ポリフェノール)

<スポンサーリンク>




血糖値の抗上昇作用・・・血糖値が上がりすぎないようにインスリンの分泌を抑える効果、糖尿病防止

抗酸化作用・・・シミだけでなく、シワ、体全体の老化を防止、ガンの原因となる活性酸素を取り除ける

脂肪分解と糖の吸収を抑える・・・脂肪肝を予防できるスグレモノ

トリゴネン

脳神経活性、年齢と共に通常は脳神経が衰えて、物忘れが多くなりボケてくるが、トリゴネンはそういった神経細胞を活性化してそれを防ぎます。

コーヒーの用法用量は?

コーヒーには若返りの素晴らしい効果が複数あることがわかりました。

でもとりあえず飲めば良いというわけではありません。

ブラックで飲む

糖分は折角の効果を台無しにする。また、糖分が体に蓄積してしまいます。

大きいカップなら3杯まで

良い効果を持つ食材には、必ず副作用が付いてきます。

飲み過ぎれば毒になります。

飲む時間帯

早朝はなるべくNG、カフェインの耐性がつき、

そのあと飲んだコーヒーの覚醒作用の効果が薄れる。

9時半〜11時半、14時〜16時

上記の間!

豆は「200度以下焙煎」

最大限にトリゴネンを取るなら200度以下焙煎のものを使ってください。

トリゴネンは熱に弱く、200度以上で焙煎されたものはトリゴネンが無くなっています。

良いものには裏もある!注意点は?

コーヒーは「薬」として伝来してきたとのことだが、

全ての薬には「副作用」が存在します。

寝る前に飲んでは✖・・・うまく眠れなくなります。睡眠サイクルが狂ってしまえばもともこもありません。

飲み過ぎては✖・・・胃痛が起こる、
利尿作用の過多により、ビタミン等栄養も体外へ流れてしまうことにより、肌荒れが起きます。

身体を冷やす✖・・・意外ですが、コーヒーは身体を冷やしますので、新陳代謝の低下で

肌荒れを起こします。

くれぐれも飲み過ぎには、ご注意ください!

まとめ

コーヒーにはカフェイン、ポリフェノール、トリゴネンといった、若返りの成分が入っていました。

若返り効果を最大限発揮するなら、

ブラックで、一日3倍まで、9時半〜11時と14時〜16時の間に

是非コーヒーを召し上がってみてください!
<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする