やってはいけない断食〜失敗談〜

◆断食なんてチョロイ・・・それが全ての始まりだった


筆者はその日、
「ブロンコビリー」なるハンバーグ屋さんで
190gのハンバーグを2個食べてお腹いっぱいでした。
それはそれは至福の時間でした。
しかし、心の片隅で
「最近太って来たんじゃねぇか?」と誰かが、つぶやくのでした。。。

そして唐突に私はこう思うのでした。

明日から断食しよう!!



◆異変は午後から・・・


その日の朝は元気よく会社に行きました。

今日からなーーにも食べないぞ〜!

元気に午前中の仕事をこなし、
気分良く「今日は早上がりしまーす」と午後は家に帰りました。
嫁ちゃんと買い物に行きましたが、
その途中、軽い頭痛がありました。

この時私は「好転反応」と言う言葉を知りませんでした。。

そして、夕方、
耐えられないほどに強い頭痛と吐き気に見舞われていました。
「あれ?!なにこれ?」と思い、少し眠りにつきました。

<スポンサーリンク>



◆重い好転反応


眠りから覚めると、体調がとんでもなく悪化していました。
熱が38度になり、頭はズキンズキン、吐き気で動けません・・・。
何かがおかしい・・・とネットで調べて「好転反応」と言う言葉を知りました。

<好転反応>
 東洋医学的な治療を施した後に出る反応。
 身体が浄化する前に起こる体調不良みたいなもの。
 発熱、頭痛、吐き気、喉の痛み、咳など・・・風邪みたいな症状が出ます。

私はこれになってしまったんだと思いました。
普通、断食の2日目に出る症状らしいのですが、
準備食等の準備をなにもしなかった影響なのかもしれませんが、
1日目の夜に高熱を出すという事態に・・・。

そして2日目の朝、
まるでインフルエンザにでもなったのかと思うくらいの頭痛と
怠さ、吐き気・・・腹が減るなんて感覚は皆無です・・・。
気合いで仕事へ行きますが、この日も半休を取りました。
調べたら、「体を温める方が良い」とのことだったので
真っ昼間から熱々の風呂に入って、きっちり寝ました。
夜起きると、体温が39度に。。もう意識が朦朧です。
これは異常事態と思い、とにかく頭痛がキツかったので
「飴」を舐めて「味噌汁」の汁だけ飲み、5分粥を作ってもらって食べ、断食中止をしました。
ネットの情報では「3日目には治る」とのことだったので
キツい夜でしたが、朝まで我慢しました。
ほとんど眠れず・・・。

3日目の朝、
熱は37度にまで下がりましたが、頭痛はまだまだ残っていました。
この日も仕事でしたので、とんでもなくキツい思いをしましたが
夜には少し楽になって来ましたが、夜になってもズキンズキン・・・。

4日目の朝には
スッキリしましたが。。。本当にきつかったと後悔しました。

◆反省


今回反省すべきことは以下です。
・「準備食」の期間を必ず設けること
・特に高カロリーを取った後の急な断食は絶対NG
・水だけで断食は上級者向け・・・糖分と塩分を何らかの方法でとること。

皆様はしっかり調べてから断食されることを願います。笑

諦めずにこれからも断食にチャレンジしていきたいと思います。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする